Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

[Eng/Ch Below] 名古屋テレビ塔ライトアップ(中日新聞)

[Eng/Ch Below] 名古屋テレビ塔ライトアップ(中日新聞)

5月12日(土)の中日新聞に掲載されていた、名古屋テレビ塔ライトアップに関する記述がてんかん啓発キャンペーンを提起しました。

名古屋テレビ塔が開業したのは1954年で日本において最も開業が早いテレビ塔です。また今年6月で夜間のライトアップが始まって30年目になります。2014年には開業60周年を契機に約一万個のLEDをテレビ塔の背骨部分及び外側の骨組みに設置しました。

ライトアップはこれまで多くの企画に使われました。てんかん啓発キャンペーンの企画では、テレビ塔は紫色のライトアップを行い紫色に染まり、パープルデーを記念します。

今後も、より多くの方々にてんかんへの関心を持って頂くため、引き続き名古屋テレビ塔とコラボレーションを企画し、てんかんの社会的発信を強めていきたいと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The report about Nagoya Tv Towel’s light-up in Chunichi newspaper has mentioned the epilepsy enlightenment campaign.

In 1954, Nagoya Tv Towel was opened, and it is the first tv tower to start operation in Japan. Moreover, June this year is the 30th year of Nagoya Tv Tower’s night light-up. In 2014, for celebrating 60th anniversary of Nagoya Tv Towel, nearly ten thousand LEDs were installed in the body of Nagoya Tv Towel. And the light-up has been utilized for various programs. In case of epilepsy enlightenment campaign, the lights turn purple and the whole tower is decorated in purple for celebrating Purple Day.

We strongly wish to collaborate with Nagoya Tv Towel for more campaign in future. And we definitely believe that purple light-up will push forward social concern about epilepsy and provoke the public attention to epilepsy patients.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中日新闻5月12日的报纸上刊登了名古屋电视塔点灯的报道,其中提及了癫痫病启发活动。

名古屋电视台在1954年开业,是日本第一家开业的电视塔。今年6月也是名古屋电视塔开始夜间点灯的第三十个年头。在2014年,为纪念开业60周年,约有一万颗LED被安装在了电视台的骨架上。其点灯仪式被用于各类宣传活动,意义重大。以癫痫启发活动为例,电视台会在夜间点亮紫色的灯光,为电视台披上紫色的外衣,来向社会宣传癫痫病。

我们由衷希望能够继续和名古屋电视台继续合作开展紫色点灯仪式,来加强社会对癫痫的关注,向全社会传递关怀癫痫病人的信号。

 

 

« »