Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

ブログ/Blog
ここでは「パープルデー」や「てんかん」関連の情報を紹介しています。

パープルデーブログ

[Eng/Ch Below] ラコサミド Round Table Discussionに参加しました

☆ラコサミド Round Table Discussionに参加しました☆

4月19日(木)、ホテルグランヴィア大阪で開催された「ラコサミド Round Table Discussion」に参加させていてだきました。
勉強会はスペシャルレクチャーとディスカッションに分かれ、スペシャルレクチャーは京都大学大学院医学研究科の池田昭夫教授を座長に、Arizona College of Medicineから越しのDr.David Treiman, MDの「てんかん患者管理における根拠に基づく医療及び経験に基づく医療」をテーマにした講演を拝聴しました。ディスカッションでは近畿大学医学部脳神経外科学教授の加藤天美先生から「新規抗てんかん薬が切り開く、てんかん治療の新時代」をテーマにした、非常に有意義なお話を伺うことが出来ました。
「ラコサミド」は、既存の抗てんかん薬とは異なる新しい作用機序を有し、電位依存性ナトリウムチャネルの緩徐な不活性化を選択的に促進することにより、神経細胞の過剰な興奮を低下させる薬剤です①。
今回の勉強会を通じて、私はラコサミドの特性並びに今後の使い方などをしっかり勉強してきました。ラコサミドは部分的てんかんにおいて第一選択薬になる抗てんかん薬だと思いました。今後も引き続きラコサミドに関する最新の研究成果や勉強会に参加していきたいと考えております。

① https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.htmlを参照

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆“Lacosamide Round Table Discussion” in Osaka☆

On 19th April, I attended the “Lacosamide Round Table Discussion” which was held at the Hotel Granvia Osaka.

The discussion was separated into two sections. The first section was hosted by Prof. Ikeda Akio from the Graduate School of Medicine, Kyoto University. During this, Dr. David Treiman, MD from the Arizona College of Medicine gave a presentation titled “Evidence based and experienced based medicine in the management of people with epilepsy.” In the second section, Prof. Katou Amami from the Neurosurgery Department of School of Medicine, Kinki University delivered a presentation about Lacosamide. It is considered a new antiepileptic drug for the treatment of partial epileptic seizures. The presentation was extremely meaningful for understanding the importance and usefulness of Lacosamide.

Lacosamide, different from existing antiepileptic drugs, has a new mechanism of action that helps alleviate excessive excitation of neurons by selectively promoting the inactivation of a voltage-dependent sodium channel①. By attending the seminar, I studied hard about the features of Lacosamide and its usage in future. Furthermore, as far as I am concerned, Lacosamide will be the optimal choice for treatment of partial epileptic seizures. The whole discussion was overwhelmingly fascinating, and I would like to keep on participating in epilepsy-related seminars to follow the newest information and ideas.

① Please refer to https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html (Japanese)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆我参与了4月19日的拉考沙胺学习会☆

4月19日星期四,我前往大阪参与了在大阪格兰比亚酒店举办的拉考沙胺学习会。
学习会由特殊讲座和讨论会两部分组成。特殊讲座部分由京都大学医学院研究科的池田昭夫教授主持,来自美国亚利桑那大学医学院的戴维特雷曼博士以“癫痫病患者管理中的循证医学和经验医学”为题发表了讲演。讨论会部分由近畿大学医学部脑神经外科的加藤天美教授以当代新型抗癫痫病药物为主题,阐述了使用拉考沙胺来治疗部分性发作的新时代癫痫治疗法。内容非常具有意义,受益匪浅。
拉考沙胺,不同于现有的抗癫痫药物,其特点是通过选择性促进电压依赖性钠通道的灭活性来抑制神经细胞过度的兴奋,起到缓解癫痫病症状的作用①。通过参与这次的学习会,我对拉考沙胺的特征以及今后的使用方法有了更加具体的学习和了解,并认为拉考沙胺将会成为治疗部分性发作药物的最佳选择。我也将继续参与和拉考沙胺有关的学习会以及讲座会来紧跟相关治疗的最新动态。

① 请参照 https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html(日语)

2018-04-20+101305
(近畿大学医学部 脳神経外科学 加藤天美教授 右から三番目)

2018-04-20+101303
(会場の写真)

2018-04-20+101251
(ラコサミドRound Table Discussionチラシ)

[Eng/Ch Below] ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

ジョイス・ベンダー氏講演会 アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題

416日(月)名古屋国際センター別棟ホールで、ベンダー・コンサルティング・サービス株式会社創立者・CEOであるジョイス・ベンダー氏の講演会を拝聴しました。講演会のテーマは「アメリカの障害者雇用と日本の障害者雇用の現状と課題」です。

ジョイス・ベンダー氏は過去にてんかん発作を起こし片方の耳の聴力を60%失いましたが、自身の病状経験をもとに障害者支援へ積極的に取り組み、ベンダー・コンサルティング・サービス株式会社を設立しました。

ベンダー氏は障害者雇用の改善に熱意を注ぎ、長年障害者雇用の国際的レーダーとしても活躍。今回の講演内容として、アメリカ企業の採用面接における応募者障害事情聴取の禁止、また調査データにより、障害者を積極的雇用する企業の方が雇用しない企業よりも利益を上げていることなど、非常に興味深い内容を拝聴し大変勉強になりました。障害者の障害事情ではなく、彼らの持つ能力に注目することが肝心というベンダー氏の強い思いが伝われ私も大変共感しました。ベンダー氏の理念と共に、当法人の就労移行支援事務所「くうねる」も引き続き障害者の就労支援に全力で取り組んでいきたいと思います。

とても有意義な講演会ありがとうございました。

㎰:講演会のチラシを下に添付しております。ぜひご覧ください。

ジョイスベンダー氏講演会チラシ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆A Forum led by Joyce Bender on “The Economic Benefits of Meaningful Employment for People with Disabilities in America and Japan”☆

On 16th April, Joyce Bender, Founder and CEO of Bender Consulting Service Inc., held a seminar and discussion titled “The Economic Benefits of Meaningful Employment for People with Disabilities in America and Japan” at the Nagoya International Center.

Ms. Bender first experienced epilepsy in 1985, then later started Bender Consulting Service Inc. in 1995 to help others overcome disabilities. Within this framework, she has been playing a leading international role for many years. During the seminar, Ms. Bender pointed out that it is prohibited for corporations to inquire about disability issues during interviews within the US. Furthermore, she explained how corporations that hire persons with disabilities actually gain more than those that do not. Her guidance was extremely fascinating, and overall the information shared during the seminar was very useful.

Joyce Bender emphasized to “focus on abilities and not disabilities”! Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, “Ku-nel” will focus on those with abilities and support their employment as we have done, now and in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆乔伊斯本德尔的讲演会美国障碍者雇用与日本障碍者雇用的现状与课题”☆

416日于名古屋国际中心大厦,我参加了本德尔咨询服务有限责任公司的创始人兼首席执行官乔伊斯本德尔女士的讲座,讲演题目是美国障碍者雇用与日本障碍者雇用的现状与课题

本德尔女士在1985年因癫痫病发作致使她一边的耳朵失去60%的听力。为了帮助过更多社会上的障碍者,她将自己的病状经验作为基础,在1995年创立了本德尔咨询服务有限公司。在此次讲座上本德尔女士提到在美国,企业不得在招聘面试过程向求职者询问身心障碍的情况。且基于调查资料,在采用障碍者一事上积极对应的企业在业绩上比消极对应的企业有更好的表现。这些内容非常有趣对我来说收益颇丰。如本德尔女士所强调的人们应该关注障碍者能做什么而不是他们不能做什么那样,我们福智会在运营的障碍者就职支援事务所Ku-nel将本着挖掘患者的工作能力,帮助支持他们顺利步入工作岗位的初衷,继续支援障碍者的未来就职和社会回归。

2018-04-17+094848

2018-04-17+094854

2018-04-17+094857 (1)                                                                                                                                         (ジョイス・ベンダー氏及び会場の写真)

2018-04-17+094851                                      (兄との写真)

2018-04-17+094845                                            (当日用の講演会資料)

IMG_3350

(当法人スタッフとジョイスベンダー氏の写真)

[Eng/Ch Below] てんかんと精神症状セミナー

4月14日(土)、AP東京八重洲通りで開催された「てんかんと精神症状セミナー」に参加しました。

セミナーは一般演題と特別演題に分かれており、一般演題では電気けいれん療法や抗てんかん薬に関する講演を拝聴し、特別演題では防衛医学大学精神科教授の吉野相英先生に「高齢者とてんかん」をテーマにご講演して頂きました。

吉野先生とは以前国立精神神経医療センターで一緒にお仕事させて頂きました。今回高齢者てんかんの説明を兼ねて最新の知見も示してご講演して頂きました。大変勉強になりました。

今後も積極的に精神症状セミナーや講演会に参加し、精神症状治療の動向や知識を把握していきたいと考えています。

■■■■■■■■■■■■

☆Epilepsy and Psychiatric Symptoms Seminar☆

On 14th April, I participated in the “Epilepsy and Psychiatric Symptoms Seminar”, held at AP Tokyo, Yaesu-dori.

The seminar was separated in two; a General & Special section. In the General section, presentations about electroconvulsive therapy and anti-epileptic drugs were given by experts from different medical institutions. In the Special section, Prof. Yoshino Aihide from the Department of Psychiatry, National Defense Medical College held a presentation titled “The Elderly and Epilepsy”.

I used to work together with Prof. Yoshino at the National Center of Neurology and Psychiatry. In the seminar, he introduced the situation regarding epilepsy and the elderly through knowledge, trends and opinions. It was a great harvest and I learnt a lot from the seminar.

Hence forth, I would like to keep on participating in seminars and lectures concerned with epilepsy and to timely follow the newest information and knowledge facing psychiatric symptoms.

■■■■■■■■■■■■

☆有关癫痫以及精神病症状的研讨会☆

4月14日,我参加了在AP东京八重洲通大厦举办的“有关癫痫以及精神病症状的研讨会”.

研讨会分成了一般讲演和特别讲演两部分。一般讲演就电痉挛疗法和抗癫痫药物进行了发表,特别讲演部分则有防御医学大学精神科教授古野相英先生以老年人和癫痫为主题进行了讲演。

我曾经在国立精神神经医疗中心和古野教授一起工作过。这次的研讨会古野教授不仅介绍了老年人癫痫的情况还提出了最新的相关见解,对我老说受益匪浅,是一场极其有学习意义的研讨会。

今后我也会持续积极参与有关癫痫以及其他精神疾病的研讨会和讲演会,及时把握有关精神病治疗的最新动向以及知识。

2018-04-14+231238

(防衛医科大学精神科 吉野相英教授 右から三番目)

 

2018-04-14+231244 (1)

(「てんかんと精神症状セミナー」チラシ)

[Eng Below] 2018年パープルデー in 長崎のご紹介!

長崎より、先月行われたパープルデーの記事が届きました!
長崎てんかんグループの主催により、3月25日(日)長崎県庁エントランスホールで長崎では初めて、パープルデーが開催されました。
初めての開催でしたが、患者さん、患者さんご家族をはじめとして、県内外から200人を超える参加があり、盛り上がったそうです。

市民公開講座では、「もっと知ろう!てんかんのこと」をテーマに、医者やソーシャルワーカー、心理士に加え患者さんからの講話もあり、楽しくてんかんについて学ぶ会になったとのこと。
 
さらに、パープルデーながさきのスペシャルサポーターとして、
J1(ゼイワン)V・ファーレン長崎の高木琢也監督にお越し頂き
心温まる応援メッセージを頂いたそうです。
V・ファーレン長崎HP
 また、3月26日には長崎市の稲佐山の電波塔が紫にライトアップされました!
てんかんを抱える患者さんと患者さんを支える方々と共に、長崎てんかんグループの方々は、これからもパープルデーをはじめとして様々な活動を続けていきます。
長崎てんかんグループの皆さん、一緒にがんばっていきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

From Nagasaki, here’s some news about Purple Day, held last month!

On March 25th (Sunday), for the first time in Nagasaki (entrance hall of Nagasaki Prefectural Government), Purple Day was held! The event was organized by the Nagasaki Epilepsy Group.

Although it was the first time, there was a clear feeling of excitement in the air. The more than 200 in attendance came from both inside and outside the prefecture, and included patients as well as their families, and others.

In the forum of open lectures for the civic audience, there was one themed “Let’s Learn More About Epilepsy!”, with participants that included doctors, social workers, psychologists and others. It was fun and beneficial to get a better handle on epilepsy’s true importance.

In addition, top Japan league J1 football (soccer) club, V-Varen Nagasaki’s Manager Takagi Takuya communicated with Purple Day Nagasaki, conveying special support. It is a heartwarming and cheerful message to be seen on the team’s website (https://www.v-varen.com/news/63134.html). Though it is in Japanese, pictures are to be seen!!

To make this year’s Purple Day Nagasaki even more whole, on March 26 Mount Inasa’s Radio Tower in Nagasaki was lit up in beautiful and powerful Purple!
Together with the patients who have epilepsy and those who support those that do, the Nagasaki Epilepsy Group will continue with various activities, including future Purple Days!

To everyone of the Nagasaki Epilepsy Group, let’s continue to work together with passion!

[Eng Below] 2018年パープルデー in 仙台!(パープルデー仙台よりいただきました)

以下パープルデー仙台より

商店街中心部での仙台パープルデー・イベントが成功裡に終了しました

パープルデー仙台2018の第1弾、「知って安心、てんかんと就労」が、3月24日(土)午後に開催されました。会場となった「ぶらんどーむ一番町」アーケード特設会と「au SENDAI 2Fイベントスペース」は、仙台市内でもっとも通行人が多く、事前の案内で集まった方以外にも、通りがかりの多くの市民にサプライズ的にパープルデーを理解してもらうことができました。

アーケード特設会場では、豪華なフラッシュモブに続き、東北大学病院てんかんセンター長中里信和先生の発作ビデオを用いたトーク(10分バージョン)、スペシャルゲストの「奥州・仙台おもてなし集団『伊達武将隊』の力強い演武、盛況だったクイズ大会が行われました。

隣の「au SENDAI 2Fイベントスペース」では、中里センター長の市民講演(30分バージョン)や、就労支援員齋藤涼平氏による就労支援事業のお話しがありました。パネルディスカッションでは中里センター長、斎藤氏、てんかん協会宮城県支部会員の吉田泰氏、伊達政宗公が、「てんかんのある方がどうすれば活き活きと働くことできるか、雇用主はどうすれば安心して雇用できるか」をテーマにして、熱い討論が繰り広げられました。一人一人のてんかんの発作症状も悩みも異なるため、まずは本人や家族が自分の症状をよく理解し、職場の同僚や上司に伝えることが大切です。地域の就労支援事業所は、当事者の病気のハンディキャップへの工夫のみならず、雇用主に個人の長所や能力などのプラス面を知ってもらうよう働きかけるサポートもするため、安定した雇用につながります。本人や家族に加えて、医療者、ソーシャルワーカー、就労支援者、雇用者の広い連携が必要という結論に達しました。

 

このイベントにご協力、ご支援いただきました日本てんかん協会宮城県支部様やエフエム仙台様をはじめ、沢山の方々に実行委員会スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

 

プログラム概要:

<ぶらんどーむ一番町」アーケード特設会場> フラッシュモブ (宮城教育大学と東北福祉大学のダンスサークル) 演武(奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」) 「知って安心、てんかんと就労」(東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏) 「知って安心、てんかんクイズ」(てんかん啓発サークルPIE~Purple is for Epilepsy~)

<au sendai 2Fイベントスペース> 「知って安心、てんかんと就労」(東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏) 「てんかんと就労~就労支援の実例から~」(仙台市障害者就労支援センター 齋藤涼平氏) パネルディスカッション「てんかんと就労」 ・日本てんかん協会宮城県支部会員 吉田泰氏 ・仙台市障害者就労支援センター 齋藤涼平氏 ・東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏 ・伊達武将隊 伊達政宗公

総司会:石垣のりこ氏(エフエム仙台) 特設ブース:日本てんかん協会宮城県支部、就労支援事業所情報

 

パープルデー仙台の皆さん、お疲れ様でした!すごい盛り上がりが伝わってきますね。

またこれからも一緒にがんばりましょう!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

From Purple Day Sendai!

Purple Day Sendai’s Purple Day event in the center of the city’s shopping district was completed as planned, a success!

The first round of Purple Day Sendai 2018, “Knowing, feeling at Ease, Epilepsy and Work” was held in the afternoon of March 24 (Saturday). The area that it took place holds Sendai’s most number of passers-bys. So a combination of those passing by with others planning to attend in advance, allowed for a much higher understanding of Purple Day and Epilepsy within Sendai city.

In the special area where everything was held, events included a 10 minute talk including a video of a seizure by the well-known Dr. Nobukazu Nakasato of Tohoku University Hospital Epilepsy Center.

At the nearby AU SENDAI there was a public lecture by the Director of the Epilepsy Center (30-minute version), Dr. Nobukazu Nakasato. The panel discussion included several movers and shakers in the local and national epilepsy field. The theme of the discussion “”Knowing, feeling at Ease, Epilepsy and Work” allowed for passionate and a learned debate.

Since each seizure’s symptoms and issues are different, it is important for those with epilepsy, their families, as well as others (particularly colleagues and managers at work) to know about symptoms well. Employment support offices aid in devising helpful measures for all parties involved, leading to stable employment. The conclusion was that broad cooperation between medical personnel, social workers, employment supporters, and employers is necessary in addition to the principals and their families.

We would like to express our sincere gratitude to everyone involved! Looking forward to next year!