Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

ブログ

[Eng below] パープルデーは栄の盆踊り祭に参加しました!

パープルデー・ジャパンは8月4日に開催された、今年が第1回目となる「栄盆おどり」に参加しました。

当日は栄のメインロードが閉鎖されて、展示ブースがたくさん並んでいました。この貴重な機会を捉え、パープルデー・ジャパンは、多くの人々にアピールするために初めてこのような祭りに参加しました。

パープルデーブースでは、てんかんの認識を高めたり啓発活動を人々に知ってもらうために、パープルデーグッズを配布したり販売したりしました。また、募金箱を設置し、私たちの活動に賛同してくれた方への募金を呼びかけました。

そして、今回最も注目を集めたのは、プロレスイベントです!たくさんの方が足を止めてプロレスの開始を待っていました。パープルデーのキャラクター「パープルマン」が登場し、悪役レスラーと面白く戦っていました。見に来た人々はみんな盛り上がって、パープルマンを応援してくれました。今回のプロレスイベントは、祭りに来た多くのお客さんたちにパープルデーの活動を知ってもらう絶好の機会となりました。

今後もこのような地域のお祭りに参加させていただき、地域のつながりを広げつつ、パープルデーの活動も広げていきたいと思います。

Purple Day booth at Sakae Bon Odori Festival!

On 4th of August, Purple Day Japan attended to one of the famous festivals in Nagoya, Sakae Bon Odori.

On the day, the main road in Sakae was closed to let various participants have their exhibition booth. Purple Day Japan took this valuable opportunity and attended to the festival first time to appeal to many people. In the festival, we opened a small booth with the purpose of educating people about epilepsy awareness as well as distributing and selling various Purple Day goods. We also prepared a small box for charity money so that willing visitors might do some financial contribution.  

The important part of our attendance was the pro wrestling event that took place right in the middle of the road that many people crossed. Around a hundred people gathered and waited for the wrestling to start, after which, surprisingly, our hero Purple Man came out to wrestle with villains. It was indeed a great opportunity for many to know about the activities of Purple Day and its heroic character Purple Man.

The Sakae Bon Odori Festival was indeed a success for Purple Day. We will keep expanding Purple Day’s reach and connection by participating in other festivals around the neighborhood.

[Eng/Cn Below] 福智会の納涼会を開催しました! 

8月5日(日)、名古屋市立大学桜山キャンパス本棟にて、福智会納涼会を開催しました。

当日は午前8時45分の開場で、打合せ及び準備配置を経て10時に開会しました。

今年もリカバリーをテーマに、リカバリー甲子園、リカバリーの学校などのプログラムを冒頭に行いました。午前の会としては、福智会が推進しているパープルデーアジアのシンポジウムを開き、パープルマンにも登場して頂き、パープルデーの海外宣伝活動について説明しました。

午後の会では、リカバリーの甲子園のシンポジウム、音を楽しむ会及びビンゴ大会を開催し、三時に閉会式を経て、約200名の参加者が共に、今年の福智会納涼会を完走しました。

納涼会はホール内でプログラム以外に、ロビーでバザースペースを設け、オークションを行いました。職員やメンバーさんからの品物は人気があり、大盛況でした。集めたお金の一部は西日本豪雨災害救済金及びパープルデーアジアの宣伝活動への寄付になり、社会貢献につなげていきます。

当日は40℃近くまで気温が上がり、猛暑日でありましたが、納涼会参加の皆さんの情熱は太陽にも負けず一生懸命会場を盛り上がっていただき、大変ありがとうございました。

On the 5th of August, Fukuchi kai held a big summer festival at the Nagoya City University, main building of Sakurayama campus.

The festival consisted of various programs, such as Recovery Koshien, traditional Chinese Tai Chi, musical performance and short play, all of which were prepared by the day care members of Suzukake and Fukuchi clinic. Also, in the festival we opened a small booth for Purple Day goods and posters and invited Purple Man to visit our stage. In the meantime, we held a small symposium in which we explained various domestic and international activities of Purple Day.

In addition to the enlightening lectures, the big part of the festival was a bazaar auction in which we sell various items to the participants whose collected money will be spent to the future activities of Purple Day and rainstorm disaster relief in western Japan.

In such a hot weather, the summer festival appealed to more than 200 people and all of them really enjoyed the programs of the festival this year.

We will be doing the same festivals in the coming months, the Imaike Festival in September and Christmas Party in December. Many thanks for those who came and make this event a big success!

8月5日,在名古屋市立大学樱山校区的本栋四楼,我们福智会举办了纳凉会。

当天早上8点45分开始准备活动,诊所的工作人员一同搬运桌椅,布置会场接待来宾。纳凉会在上午10点正式开场,今年依旧以精神病患者的社会回归为主题,开场的节目是由诊所患者组成的团队带来的社会回归甲子园和社会回归学校。此外上半场,太极拳,乐器会,乐团演奏,小话剧等项目悉数公演,这些都是诊所的患者在平日中一直参与学习的项目。福智会在着力推进的紫日活动的研讨会,也作为一大重要环节,由参加巴厘岛癫痫学会的诊所工作人员向来宾们进行了说明。

下半场,纳凉会举办了社会恢复甲子园的研讨会,音乐同好会以及奖品抽签会,并与三点钟,在约200名参与者的掌声与笑声中落下了帷幕。

此次纳凉会除了会堂里的活动,在外面的走道里我们举办了拍卖会。拍卖的物品都由诊所的工作人员以及患者提供,反响强烈颇受欢迎。募集到的善款我们会拿出一部分用于西日本暴雨灾害着的救济金以及紫日活动的宣传支出。

当天虽然气温40度十分炎热,但是纳凉会的参加者们的热情也丝毫不输给太阳,感谢大家的积极参与与长久以来的辛苦准备。

9月份我们有今池祭,12月还有圣诞节,望大家继续参与,一同度过愉快的时光。

[Eng Below] 仲田商店街祭り!

7月28日29日に仲田商店街祭りが開催されました。

28日土曜日は台風の影響でお祭りが中止になってしまいましたが、29日日曜日は夕方から参加しました。
途中に雨が降ったりして天候が思わしくなかったですが、たくさんのお客さんがきて、大盛況でした!

隣で出店していた寸心も、いつもとは違うパンやパウンドケーキなどが販売されていました。デイケアのメンバーも、接客に関わり地域の方との交流を楽しみました。
今週末は、納涼会!9月には今池祭り!

もあるので今回の経験を生かしてお客さんを沢山呼び込むことができるように工夫していきたいと思います。

Nakata Shopping Street Festival was held on 28th and 29th July.

On July 28, unfortunately the festival was canceled due to the upcoming typhoon, but on the July 29, Sunday we participated to the festival from the evening. Although it was raining on the way and the weather was not quite wonderful, many customers came and it was a great success!

Tsunshin, the bakery that belongs to our clinic sold quite high number of bread and pound cakes, which were unusual from daily sales.

In the festival, the members of Suzukake Clinic also enjoyed interacting with people in the community that did the customer service. This weekend ended with the cool-down party!

Then here comes Imaike festival in September!

I also want to take advantage of this experience so that we can attract lots of customers.

 

8月29日30日是仲田商业街祭日,由于台风的影响28日的活动被迫取消,因此我们从29日的下午开始参加了祭日。

虽然29日活动举办过程中也时有下雨,不过现场来了许多的客人,我们的展台也非常的热闹。

福智会的糕点店寸心拿出了和平时销售的不一样的糕点,诊所的客人也和当地的居民有了很深的交流。

这周末是福智会的纳凉会,下个月还有今池祭日,活动非常丰富。

也请大家多多参与,一起度过难忘的夏天。

[Eng/Cn Below] パープルマン自動販売機一号機登場!

パープルマンのイメージが描かれているパープル自動販売機がついに登場!

全国一号機は現在名古屋市今池のジャズバー「イマ-ゴ」に設置しています。

売り上げの一部はパープルデージャパンへ寄付され、てんかん啓発活動の資金源になります。

社会貢献につながる、とても意義のあるコラボです。

猛暑が続くこの夏に、皆さんもぜひ、こちらでキンキンに冷えている飲み物をゲットしましょう!


Purple Man vending machine Unit One is in operation now!

The collaboration between purple man and vending machine has started and Purple man vending machine Unit One is in operation now at Jazz Bar Imago locating in Imaike, Nagoya.

A part of the income will be donated to Purple Day Japan for promoting epilepsy awareness campaigns.

What a hot summer it is and get an ice-cold drink from Purple Man Vending Machine!

紫人自动贩卖机一号机登场了!

机体上绘有紫人的紫人自动冷饮贩卖机一号机现在设置在名古屋的音乐酒吧Imago入口处。

在这炎热的盛夏时节,从这儿获取冰凉的冷饮吧!

「漆山会誌」第28号にて掲載されました

パープルデージャパン及びパープルデーアジアのディレクターである福智寿彦の便りが「漆山会誌」第28号にて掲載されました。文書はパープルデー活動の歩み、日本におけるパープルデー活動、医療従事者が啓発活動を行う意義の三部に分かれ、パーティーについて紹介しました。

皆さんもぜひ、ご一読ください。

[Eng/Cn Below] 第12回アジアオセアニアてんかん会議の報告会を行いました

7月12日、すずかけクリニックにて第12回アジアオセアニアてんかん会議の報告会を行いました。参加者はデイケア及び「くうねる」から総計12名でした。

報告会は一時間にわたり、パワーポイントを使い、てんかん会議でのパープルデージャパンの活動を紹介しました。会議がバリ島で開かれたため、バリ島の全体の紹介から始まり、パープルデージャパンの日本における活動を説明し、会場の様子及び会議参加の収穫を伝えました。

参加者の皆さんからも色んな感想および質問を頂き、中にはてんかんの患者数が人口の1%までにも達することに驚く声もありました。また日本のみならず、インドネシアやインドでもパープルデー活動が広げられていることに感心したメンバーさんもいらっしゃいました。

八月にはウィーンで開かれるヨーロッパてんかん学会もありますので、また引き続きパープルデーアジアの活動に取り組んでいきたいと思っております。

On July 12, we had a presentation about our activities in the 12th Asian&Oceanian Epilepsy Congress at the Suzukake Clinic. There were a total of 12 participants from Day care and “Kunel”.

We used slides for one hour and introduced activities of Purple Day Japan at the Epilepsy Congress. Since the meeting was held in Bali, we first gave a brief  introduction about Bali island, explained the activities of Purple Day in Japan.

The presentation was full of surprising comments, impressions and questions by participants, especially when they heard that the number of patients with epilepsy reached even 1% of the population. There were members who were impressed by not only Japan but also Indonesia and India that Purple Day activities expanded to these countries.

In August we have the European Epilepsy Society to be held in Vienna, so we would like to continue working on the activities of Purple Day Asia.

 

7月12日,我们在Suzukake诊所举办了第12届亚洲大洋洲癫痫大会的报告会。总计12名诊所的成员参加了此次报告会。

报告会历时一小时,发表者用了ppt向前来听报告的成员们介绍了癫痫大会的情况。由于此次癫痫大会在印度尼西亚的巴厘岛举办,报告会首先介绍了巴厘岛的人土风情,接着说明了紫日在日本的活动状况,并最后展示了日本紫日展台的交流收获。

发表结束后,诊所的成员们提出了各种各样的问题。有些成员对患有癫痫的病人占总人口的1%感到惊讶。还有成员对除了日本在东南亚以及南亚的其他国家也在举办癫痫启发活动,纪念紫日一事感到惊讶。报告会现场一问一答,发表者与诊所成员一起度过有意义的上午时光。

8月我们诊所作为紫日日本的代表,也将出席在奥地利维也纳举办的欧洲癫痫大会。希望把此次亚洲大洋洲癫痫大会收获的经验同样运用到欧洲癫痫大会上,并改善会展布置以及来宾接待过程中发现的不足,在欧洲也能够成功宣传紫日活动的意义。

[Eng/Cn Below] 第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました

第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました

6月28日から7月1日、私達はパープルデージャパンとして、日本でのパープルデー活動の紹介及び宣伝、またパープルデーをアジア圏に広げるため、インドネシアバリ島にて第12回アジアオセアニアてんかん会議に参加しました。アジアオセアニアてんかん会議は国際てんかん協会(International Bureau for Epilepsy/IBE)と国際抗てんかん連盟(International League Against Epilepsy/ILAE)により主催され、アジア圏におけるてんかん治療の最新情報を交換交流する会議です。今年は延べ千人程の医療関係者及び当事者が参加しました。

パープルデージャパンはNGO出展者として、パープルマン及びパープルデー活動の紹介ポスターを展示ブースに貼り、スタッフがパープルデージャパンの活動実績及びてんかん啓発キャンペーンを紹介しました。また、様々なパープルデー関連グッズも用意しました。当院の患者さん達が作りましたパープルデーバッチ、折り紙、和風扇子などの手芸品やパープルデー宣伝チラシは、多くの方々にお手に取っていただき、大変人気でした。

また、28日から30日まで三日連続でパープルマンに登場し、来客の皆さんと一緒に写真撮影をしたり、会話をしたり、ヒーローポーズを取ったり、ブースはとても盛り上がりました。多くのアジア圏の医療関係者の方々にブースに足を運んで頂き、パープルデーに関心を示していました。中でもインドネシアやインドの先生は自国でもパープルデー活動をしていらっしゃり、今後パープルデージャパンとの連携を強化していきたいとご提案を頂きました。

この度の参加を契機に、今後も引き続きパープルデーのアジア圏での宣伝に力を入れ、各国の医療関係者の方々と連携を取り、てんかん啓発キャンペーンの影響力を拡大していきたいと思っております。











■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

12th Asian and Oceanian Epilepsy Congress in Bali
From 28 to 30 July Purple Day Japan participated and showcased its activities in Asian Epilepsy Congress in Bali, Indonesia. Asian and Oceanian Epilepsy Congress was established in as a joint collaboration between International Bureau for Epilepsy (IBE) and the International League Against Epilepsy (ILAE) as a venue of exchanging ideas on latest research. This year the Congress provided a venue for exchanging ideas to over 1000 people.
Purple Day Japan took part in the Congress as an NGO exhibitor under the name of Purple Day Asia and distributed many purple coloured items, such as Purple Day and Purple Man badges, Japanese origami, ribbons and wrist bands, many of which were made by the patients in Day Care Centre, Suzukake Clinic. The participants in the Congress were not only delighted to receive these free items from Purple Day staff but also enchanted by the activities of Purple Day in Japan as well as philosophy behind the rehabilitation approach Suzukake Clinic is taking towards the patients with epilepsy. Furthermore, the presence of Purple Man in the Congress attracted everyone’s attention and made them come over, ask many questions and take many questions.
Purple Day Japan’s participation at Asian Epilepsy Congress was indeed a huge success in terms of raising public awareness about epilepsy in Asia and establishing solid networks. We are committed to go further and spread our activities in other parts of the world too.
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

我们作为紫日日本代表参加了第12回亚洲太平洋癫痫会议。
从6月28日到7月1日,会议在印地尼西亚巴厘岛举办。我们27日抵达巴厘岛,28日一早前往会场布置了展台。万事俱备,迎接来客。
会议的四天里,我们介绍了紫日以及紫人(紫日代表角色)在日本的各类活动以及成绩。来自世界各地的精神科医疗人员来到我们的展台,询问紫日活动的相关信息。其中来自印度尼西亚和印度的医生对我们在日本的癫痫启发活动深感兴趣,并表示在各自国家也想发展紫日活动,与日本的紫日活动加强合作,扩大紫日在亚洲圈内的影响力。我们的展台还拜访了我们诊所的患者所做的各类纪念品和手工艺品,包括紫日紫人的徽章,和风的扇子,日本的折纸。这些纪念品大受欢迎,很多来客都挑选了他们喜欢的物品。我们的工作人员还扮成紫人前往会场助力,紫人和各位来宾一起合影留念,带动了现场的热情,人气爆棚。
我们将以此次会议为契机,不光在日本内,还要在亚洲圈内扩大紫日紫人的知名度和影响力,与各国医疗人员加强合作交流,为癫痫启发事业贡献力量。

(重要なお知らせ)パープルデージャパンについて

パープルデーはアメリカのアニータ・カフマン財団が版権をもっており、日本のパープルデー活動は、すずかけクリニック院長福智寿彦がパープルデージャパンのDirectorとしてアニータ・カフマン財団から任命されて、日本国内で活動しています。
日本国内でパープルデーは自由にやっていただきたいし盛り上げていただきたいですが、出来ましたら行っている活動内容をメールででもパープルデージャパンに報告をしていただけると助かります。

不明な点は直接パープルデージャパン事務局
purpledayjapan326@gmail.com
052-731-8300
へお問い合わせ下さい。

Purple Day® is a Registered Trademark of The Anita Kaufmann Foundation. Purple Day Japan is the official representative of Purple Day in Japan, under the name of which all activities are conducted.

Exclusive right to these activities in Japan is conferred by The Anita Kaufmann Foundation to Toshihiko Fukuchi, the Director of the Suzukake Clinic, who currently acts as the Director of Purple Day Japan.

We would be delighted to see you actively contribute to the activities of Purple Day Japan. And as such, we would greatly appreciate your prior contact regarding any planned activities.

For any inquiries, please contact us.

Purple Day Japan Office
Purpledayjapan326@gmail.com
Tel: 052-731-8300

[Eng/Ch Below] パープルデー活動の文章が「日本臨牀」第76巻第6号にて掲載されました

私が執筆致しました日本と世界のパープルデー活動に関する文章が6月1日発行の日本臨牀(日本臨牀社)第76巻第6号にて掲載されました。文章は、パープルデー活動の歩み、日本におけるパープルデー活動、医療従事者が啓発活動を行う意義の三章構成になっております。

最初に、パープルデー活動の歩みについて、パープルデー活動の由来、歴史及び現在の世界的影響力をご紹介し、パープルデー啓発キャンペーンの発展及び実績をまとめました。

続いて第二章は、日本でのパープルデー活動を中心に、これまで多くの都市で開催された関連イベントを紹介し、パープルデーが日本における影響力の増大及び社会的関心度の向上について述べました。

最後に、医療従事者がパープルデー活動に参加することによって、精神障害者の心理社会的な側面からのサポートが可能になり、患者のより完全な疾患治療へ繋がる事を強く主張しました。精神疾患は診察室内だけで完結するものではなく、患者を受け入れる社会的環境が大事です。治療者としてもこのような社会基盤を築くため、疾患や障害者への正しい理解を呼び掛ける活動に参加することに大きな意義があると私は信じております。

今後も引き続き、パープルデー活動の発展に力を入れていきたいと考えおります。皆さんも、ご自分にできることを考えてください。皆さんが踏み出した一歩が世の中を変える大きな力になります。

2018-06-01+111646

2018-06-01+111444

2018-06-01+111501

2018-06-01+111516

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

My article has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6)

My article about Purple Day awareness campaigns in the world and japan has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6). The article consists of three chapters: the progress of Purple Day awareness campaign, Purple Day awareness campaign in Japan and meaning of clinicians’ participation in campaign.

The first chapter is concerned about the progress of Purple Day campaign. I introduced the origin, historical development and current worldwide influence of Purple Day awareness campaign. In the second chapter, I introduced the campaigns and related events in Japan specifically, and in the last chapter, I strongly made my argument that clinician should also attend such awareness campaigns since indoor psychiatric remedy is insufficient. Thorough clinicians’ participation into such social activities, more comprehensive psychiatric remedy could be realized.

I will definitely continue working hard on promotion and development of Purple Day awareness campaigns in Japan and I strongly hope that everyone could make their own contribution for creating a friendlier society for mentally-challenged people.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

我执笔的有关紫日启发活动的文章被刊登在《日本临床》杂志上了

在6月1日发行的《日本临床》杂志(第76卷第6号)上刊登了我执笔的有关紫日启发活动的文章。文章分成了三部分,第一部分是紫日启发活动的发展足迹,第二部分是紫日活动在日本的情况,第三部分是医疗人员参与紫日活动的意义。

在第一部分,我重点介绍了紫日启发活动的由来,历史和目前状况。第二部分则是有关了紫日活动在日本的举办状况,说明了紫日活动在日本受到越来愈多的关注,规模愈发变大。在第三部分,我提出医疗人员参与紫日活动具有重大意义的观点。随着精神病治疗的多样化复杂化,单纯在诊所内部的治疗已经跟不上时代的步伐。如何让患者能够回归社会,如何建设一个能够宽容接纳精神病患者的社会等问题是需要认真思考的课题。而让医疗人员参与社会活动向大众传播正确的精神病知识是解决上述问题的关键一步,因此我主张精神病治疗不应当仅停留在传统的室内诊断,还应该从参与社会活动上进一步完善治疗体系。

今后我将会继续在推动紫日启发活动上贡献自己的力量,也希望大家能够思考自己能为精神病治疗做一些什么,来和我一起为精神病医疗事业出力献策

[Eng/Ch Below] 第6回多摩てんかん地域診療ネットワーク懇話会に参加しました

第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話会に参加しました

2018年5月12日(土)、東京都立川市のパレスホテル立川で開催された第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話会に参加させて頂きました。

懇話会は講演及びパネルディスカッションの二部に分かれ、私は講演1で「てんかん患者の自立と社会参加支援について」を題して講演させていただき、パネルディスカッションではコメンテーターとして参加させて頂きました。

久しぶりに多摩地域に行きました。多摩地域はてんかんの診療圏として多くのてんかん診療医師がいらっしゃいます。この度の懇話会を参加して、うまく横の糸が繋がれば患者さん達はハッピーになれると思いました。私の講演を通じて多摩地区でも就労を軸とした社会参加がしやすい環境ができるようになりますと嬉しいと思いました。また、懐かしい先生方が沢山さんかいらっしゃり私も大変楽しかったです。

今後も、名古屋のみならず、てんかん診療の地域発展や各地域の繋がりにも力を入れて、他地域のてんかん学会に積極的に参加していきたいと思っています。

PS* チラシを添付致します。第6回多摩てんかん市域診療ネットワーク懇話

 

2018-05-14+101716

(国立精神神経科医療センター脳神経外科岩崎先生 東京都立神経病院脳神経外科松尾先生)

2018-05-14+101719

(国立精神神経医療センター 特命副院長岡崎先生らと)2018-05-14+101721

(パネリストの三先先生)

2018-05-14+101723

2018-05-14+101725 (1)                                            (むさしの国分寺クリニック名誉院長 大沼悌一先生)

2018-05-14+101728                                            (むさしの国分寺クリニック 大沼 加藤 村松先生)

2018-05-16+150754

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

I participated into the 6th Tama Epilepsy Local Remedy Network Discussion held in Palace Hotel Tachigawa in Tokyo on 12th, May.

The discussion was separated into two sections: Lecture and Panel Discussion. I attended both two sections and gave a speech titled “The independence and social recovery support of epilepsy patients” in the first lecture. At Panel Discussion, I attended the discussion as a commentator.

It has been a long time since I went to Tama area last time. Tama area is famous for its high density of epilepsy institutions and doctors. Thorough the discussion I strongly confirmed that collaboration and connection among institutions and doctors would be beneficial to epilepsy patients.And I truly hope that, after hearing my presentations in the discussion, the social recovery model characterized by job support could be also adopted in Tama Area. Moreover, meeting with all old friends made me feel nostalgic and reminded me of the old times I have spent with them.

I would continue actively attending the discussions concerned with epilepsy not only in Nagoya but in other areas as well and contribute myself to strengthen the connection among institutions for sharing information and knowledge of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

五月十二日,我参加了在东京多摩皇宫酒店举办的第六届多摩地区癫痫治疗研讨会。

研讨会分成讲座和模板展示两部分,讲座环节我以癫痫病人的自立以及社会回归援助为主题进行了讲演。在模板展示环节我作为评论人员参与其中。

离我上次来到东京多摩地区已经过去许久。多摩地区以其高密度的癫痫治医疗设施和相关医疗人员被业界所知。通过此次参与,我强烈感觉医疗设施之间的沟通与交流对促进癫痫治疗有着巨大的积极作用。希望在听完我的发表之后,多摩地区也能推动以就业支援为中心的社会回归支援项目。另外,时隔许久,此次研讨会遇到了许多旧识与老前辈,真是令人欣喜不已同时感慨光阴飞逝。

今后,我也会积极地参加在各地举办的与癫痫有关的各类研讨会,为加强各地区之间的治疗经验交流与提升全国癫痫治疗的联动性增添自己的一份力量。