Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

#purpleday

[Eng/Ch Below] パープルデー活動の文章が「日本臨牀」第76巻第6号にて掲載されました

私が執筆致しました日本と世界のパープルデー活動に関する文章が6月1日発行の日本臨牀(日本臨牀社)第76巻第6号にて掲載されました。文章は、パープルデー活動の歩み、日本におけるパープルデー活動、医療従事者が啓発活動を行う意義の三章構成になっております。

最初に、パープルデー活動の歩みについて、パープルデー活動の由来、歴史及び現在の世界的影響力をご紹介し、パープルデー啓発キャンペーンの発展及び実績をまとめました。

続いて第二章は、日本でのパープルデー活動を中心に、これまで多くの都市で開催された関連イベントを紹介し、パープルデーが日本における影響力の増大及び社会的関心度の向上について述べました。

最後に、医療従事者がパープルデー活動に参加することによって、精神障害者の心理社会的な側面からのサポートが可能になり、患者のより完全な疾患治療へ繋がる事を強く主張しました。精神疾患は診察室内だけで完結するものではなく、患者を受け入れる社会的環境が大事です。治療者としてもこのような社会基盤を築くため、疾患や障害者への正しい理解を呼び掛ける活動に参加することに大きな意義があると私は信じております。

今後も引き続き、パープルデー活動の発展に力を入れていきたいと考えおります。皆さんも、ご自分にできることを考えてください。皆さんが踏み出した一歩が世の中を変える大きな力になります。

2018-06-01+111646

2018-06-01+111444

2018-06-01+111501

2018-06-01+111516

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

My article has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6)

My article about Purple Day awareness campaigns in the world and japan has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6). The article consists of three chapters: the progress of Purple Day awareness campaign, Purple Day awareness campaign in Japan and meaning of clinicians’ participation in campaign.

The first chapter is concerned about the progress of Purple Day campaign. I introduced the origin, historical development and current worldwide influence of Purple Day awareness campaign. In the second chapter, I introduced the campaigns and related events in Japan specifically, and in the last chapter, I strongly made my argument that clinician should also attend such awareness campaigns since indoor psychiatric remedy is insufficient. Thorough clinicians’ participation into such social activities, more comprehensive psychiatric remedy could be realized.

I will definitely continue working hard on promotion and development of Purple Day awareness campaigns in Japan and I strongly hope that everyone could make their own contribution for creating a friendlier society for mentally-challenged people.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

我执笔的有关紫日启发活动的文章被刊登在《日本临床》杂志上了

在6月1日发行的《日本临床》杂志(第76卷第6号)上刊登了我执笔的有关紫日启发活动的文章。文章分成了三部分,第一部分是紫日启发活动的发展足迹,第二部分是紫日活动在日本的情况,第三部分是医疗人员参与紫日活动的意义。

在第一部分,我重点介绍了紫日启发活动的由来,历史和目前状况。第二部分则是有关了紫日活动在日本的举办状况,说明了紫日活动在日本受到越来愈多的关注,规模愈发变大。在第三部分,我提出医疗人员参与紫日活动具有重大意义的观点。随着精神病治疗的多样化复杂化,单纯在诊所内部的治疗已经跟不上时代的步伐。如何让患者能够回归社会,如何建设一个能够宽容接纳精神病患者的社会等问题是需要认真思考的课题。而让医疗人员参与社会活动向大众传播正确的精神病知识是解决上述问题的关键一步,因此我主张精神病治疗不应当仅停留在传统的室内诊断,还应该从参与社会活动上进一步完善治疗体系。

今后我将会继续在推动紫日启发活动上贡献自己的力量,也希望大家能够思考自己能为精神病治疗做一些什么,来和我一起为精神病医疗事业出力献策

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様からのメッセージ

岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様から、パープルデーのイベントに関する記述が静岡てんかん神経医療センターの情報誌「あかり」(平成30年第54号)に掲載されました。
3月26日はパープルデーです。静岡てんかん医療センターも今年の24日、25日の週末、静岡市役所前の青葉通りで記念イベント行いました。
2日間、天気に恵まれて多くの方々に足を運んでいただきました。イベントの一環としての「てんかんクイズ」を通じて、皆さんにてんかんへの理解を深めて頂くことが出来ました。また、静岡てんかん神経医療センターの患者さん達にもイベントのお手伝いをして頂き、良い交流になりました。
このようなイベントを契機に、皆さんにはよりてんかんに関心を持っていただき、一人でも多くの方がてんかんの早期発見及び治療に協力して頂ければ良いと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The message about Purple Day has been placed in the magazine of Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder “Akari” from Ms. Hiromi Watanabe in Department of Clinical Laboratory.
26th of May is Purple Day. Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder also run some events concerned with epilepsy the Aoba Road in front of Shizuoka City Hall on 24th and 25th May.
During two days, the weather was perfect for outdoor activities and many visitors came for our Purple Day events. Visitors deepened their understanding about Epilepsy through attending “Epilepsy Quiz”, and we also heard the voice from patients in the institute who helped run the events.
We truly hope that more people would be concerned about epilepsy through the Purple Day events and make their contributions to early detection and remedy of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

来自静冈癫痫神经医疗中心临床检查科的渡边宏美女士的一篇记事被刊登在了静冈癫痫神经医疗中心的杂志“Akari”上。
3月26日是紫日。因此在24日和25日的周末,静冈癫痫神经医疗中心在静冈市政府办公厅前的青叶通道举办了紫日活动。
这两天天气晴朗适合室外活动,我们的展台也来许多的来访者,引起了许多路人的关注。我们举办了癫痫提问环节,让大家对癫痫这类疾病有了跟多更深的认识。两天里,医疗中心的病人也积极给与了帮助,与医生有了更多的交流。
通过举办紫日活动,我们真诚希望更多的人能够关注癫痫,为癫痫的早期发现与及时就诊给与更多的帮助。

2018-05-16+1506572018-05-16+150836 (1)

[Eng/Ch Below] 当事者さんのお母様からのメッセージ!

2018年、パープルデーが日本に広げてもう四年目になります。記念イベントも規模が段々大きくなり、毎年多くの方々が参加しています。

当事者さんの御家族である横関弘子さんからのメッセージが、波の会(日本てんかん協会)の機関雑誌「なみ」(2018年5月号)に掲載されています。

横関さんは今年の名古屋のパープルデーイベントのお手伝いとして参加してくださり、スタッフと一緒にイベントを盛り上げて頂きました。

御本人からのメッセージとして、名古屋のみならず、より多くの地域でパープルデーイベントに参加していきたいとのことです。パープルデーを啓発活動の一環として、てんかんの正しい知識を一般の方々に伝え、世間のてんかん患者に対するスティグマをなくしたいと考えていらっしゃいます。また、現在パープルデーは専門医及び専門家スタッフ中心で運営を進めていますが、当事者や家族がこれから中心スタッフとして成長していくことも大事とおっしゃっています。

今後も、パープルデーイベントがより多くの当事者及びご家族の皆さんに参加して頂き、てんかんの社会的注目を集め、人々の関心を一層高めていけるよう努めて参ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018 is the forth year since Purple Day has been officially celebrated in Japan. The concerned events have become increasingly influential and currently attract a large number of people to participate.

Ms. Yokoseki Hiroko, a mother of our patient, has sent her message about her experience of participating in Purple Day. And the message has been placed in the official magazine of Nami no Kai (Japan Epilepsy Association).

Ms. Yokoseki has attended the events of Purple Day in Nagoya this year as a helper. As her message states, she enjoyed the events and hopes that she could attend more Purple Day events in more cities. She attempts to propagate more knowledge about epilepsy to the public and dispel people’s prejudice against epilepsy patients thorough Purple Day.

We would like to work with patients and their families to raise further consciousness from society. And we hope that patients and their families will continue positively participating into events and become centre stuffs in Steering Committee of Purple Day in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年是紫日在日本展开官方纪念活动的第四年。随着互动规模的增大,参加活动的人数野越来越多。并且,其中一位参加成员的母亲,横关广子女士的感想文被刊登在日本癫痫协会的机关杂志上了。

横关女士是我院一名患者的母亲,她不仅积极参与了今年在名古屋举办的紫日活动,还在活动举办之前帮助运营委员会推进准备工作。

横关女士说她对能够参与名古屋紫日活动感到非常开心,并希望今后能在日本其他城市继续参与紫日的相关活动。她说期盼紫日活动作为癫痫启发活动的一部分,能够将正确的有关癫痫的知识传授给大众并消除大家对癫痫病患者的偏见。并且期待更多的患者及其家属能够在紫日活动中扮演更加核心重要的角色,将目前医生与相关工作人员主导开展的运营模式转变为由患者及其家属为主要运营成员的模式。

我们衷心希望今后能有更多的患者与其家属能够参与紫日活动,与大家一起推动紫日的发展,进一步提高社会对癫痫的关注并消除人们对癫痫的错误认识与偏见成见。

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん・神経医療センターから感謝状を頂きました

静岡てんかん・医療センターから、パープルデーキャラクターのパープルマンと医療法人福智会くうねる宛に感謝状をいただきました!

3月26日(月)に静岡てんかん・神経医療センターで行われたパープルデーイベントに名古屋からパープルマンが駆け付け、子どもたち・ご家族のみなさん・スタッフの皆さんに大変喜んでもらいました。

寄せ書きには、静岡てんかんセンターの皆さんからの温かいメッセージがたくさん書かれており感激です。ありがとうございました。

今後も引き続き、福智会はパープルマンと活動を続けていきます!これからもパープルマンはてんかんをもつ方たちに愛と勇気を届けていきます!

IMG_2425

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan

On April 20th, Purple Man, the main Purple Day character and Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, Ku-nel, received letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan.

On March 26th, Purple Day events were held at the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan. The events included the performance of Purple Man, with the Center turning purple for the celebration. The kids at the Center were elated by the appearance of Purple Man!

Fukuchi-kai, including Ku-nel, felt extremely honoured to receive the letters of thanks. We would like to continue collaborating with the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan to propagate Purple Day and raise public concern about epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

收到了来自国立病院机构静冈癫痫神经医疗中心的感谢状

4月20日,癫痫日(紫日)的主要角色紫人和福智会就职支援事务所Ku-nel分别收到了来自静冈癫痫神经医疗中心的感谢状。

3月26日,在静冈癫痫神经医疗中心开办了癫痫日纪念活动。活动包括了癫痫日主要角色紫人的表演,并且在紫人登场时医疗中心变成了紫色的世界。医疗中心的孩子们也对紫人的出现惊喜万分,活动现场充盈着欢乐愉悦的气息。

对本次的感谢状,包括Ku-nel在内的福智会全体工作人员感到十分荣幸。我们希望继续和静冈癫痫神经医疗中心保持合作,扩大癫痫日的宣传力度,进一步加强公众对癫痫的关注关心。

[Eng/Ch Below] ラコサミド Round Table Discussionに参加しました

☆ラコサミド Round Table Discussionに参加しました☆

4月19日(木)、ホテルグランヴィア大阪で開催された「ラコサミド Round Table Discussion」に参加させていてだきました。
勉強会はスペシャルレクチャーとディスカッションに分かれ、スペシャルレクチャーは京都大学大学院医学研究科の池田昭夫教授を座長に、Arizona College of Medicineから越しのDr.David Treiman, MDの「てんかん患者管理における根拠に基づく医療及び経験に基づく医療」をテーマにした講演を拝聴しました。ディスカッションでは近畿大学医学部脳神経外科学教授の加藤天美先生から「新規抗てんかん薬が切り開く、てんかん治療の新時代」をテーマにした、非常に有意義なお話を伺うことが出来ました。
「ラコサミド」は、既存の抗てんかん薬とは異なる新しい作用機序を有し、電位依存性ナトリウムチャネルの緩徐な不活性化を選択的に促進することにより、神経細胞の過剰な興奮を低下させる薬剤です①。
今回の勉強会を通じて、私はラコサミドの特性並びに今後の使い方などをしっかり勉強してきました。ラコサミドは部分的てんかんにおいて第一選択薬になる抗てんかん薬だと思いました。今後も引き続きラコサミドに関する最新の研究成果や勉強会に参加していきたいと考えております。

① https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.htmlを参照

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆“Lacosamide Round Table Discussion” in Osaka☆

On 19th April, I attended the “Lacosamide Round Table Discussion” which was held at the Hotel Granvia Osaka.

The discussion was separated into two sections. The first section was hosted by Prof. Ikeda Akio from the Graduate School of Medicine, Kyoto University. During this, Dr. David Treiman, MD from the Arizona College of Medicine gave a presentation titled “Evidence based and experienced based medicine in the management of people with epilepsy.” In the second section, Prof. Katou Amami from the Neurosurgery Department of School of Medicine, Kinki University delivered a presentation about Lacosamide. It is considered a new antiepileptic drug for the treatment of partial epileptic seizures. The presentation was extremely meaningful for understanding the importance and usefulness of Lacosamide.

Lacosamide, different from existing antiepileptic drugs, has a new mechanism of action that helps alleviate excessive excitation of neurons by selectively promoting the inactivation of a voltage-dependent sodium channel①. By attending the seminar, I studied hard about the features of Lacosamide and its usage in future. Furthermore, as far as I am concerned, Lacosamide will be the optimal choice for treatment of partial epileptic seizures. The whole discussion was overwhelmingly fascinating, and I would like to keep on participating in epilepsy-related seminars to follow the newest information and ideas.

① Please refer to https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html (Japanese)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

☆我参与了4月19日的拉考沙胺学习会☆

4月19日星期四,我前往大阪参与了在大阪格兰比亚酒店举办的拉考沙胺学习会。
学习会由特殊讲座和讨论会两部分组成。特殊讲座部分由京都大学医学院研究科的池田昭夫教授主持,来自美国亚利桑那大学医学院的戴维特雷曼博士以“癫痫病患者管理中的循证医学和经验医学”为题发表了讲演。讨论会部分由近畿大学医学部脑神经外科的加藤天美教授以当代新型抗癫痫病药物为主题,阐述了使用拉考沙胺来治疗部分性发作的新时代癫痫治疗法。内容非常具有意义,受益匪浅。
拉考沙胺,不同于现有的抗癫痫药物,其特点是通过选择性促进电压依赖性钠通道的灭活性来抑制神经细胞过度的兴奋,起到缓解癫痫病症状的作用①。通过参与这次的学习会,我对拉考沙胺的特征以及今后的使用方法有了更加具体的学习和了解,并认为拉考沙胺将会成为治疗部分性发作药物的最佳选择。我也将继续参与和拉考沙胺有关的学习会以及讲座会来紧跟相关治疗的最新动态。

① 请参照 https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006685.html(日语)

2018-04-20+101305
(近畿大学医学部 脳神経外科学 加藤天美教授 右から三番目)

2018-04-20+101303
(会場の写真)

2018-04-20+101251
(ラコサミドRound Table Discussionチラシ)

[Eng Below] ”パープルデーNagoya”についての記事が2018年3月25日の中日新聞に掲載されました!

「パープルデーNagoya」についての記事が2018年3月25日の中日新聞に掲載されました!

パープルデーNagoyaのイベント当日の記事は、下記をご覧ください☆

今年のパープルデーは終わりましたが、“Purple Day EveryDay”を合言葉に、毎日がパープルデーとなるよう今後もてんかんの啓発活動を進めていきたいと思います。何卒よろしくお願いいたします。

■■■■■

Nagoya’s 2018 Purple Day (CHUNICHI Web Article)

On March 25, the renowned newspaper Chunichi Shimbun (CHUNICHI Web) published an article regarding Purple Day Nagoya, the epilepsy awareness event to take place on March 25 and March 26.

This year’s Purple Day Nagoya main event was held under Nagoya TV Tower on March 25, with roughly 700 people attending the event!

On March 26, Nagoya TV Tower was illuminated in Purple! The events, filled with great excitement and joy, included several programs ranging from idol group performances, a creator’s market, top-class epilepsy specialists, and to top it off, Purple Man!

Importantly, Purple Day depicted a fight-scene between the main character Purple Man and Stigman (representing commonly held prejudices about epilepsy). Purple Man’s pro wrestling appearance in the ring lent an exceptional success to the day!

This year’s Purple Day was a success, and the important slogan, Purple Day Every Day remains with us, constantly raising public awareness on epilepsy.

Thank you for your time and consideration!

[Eng Below] 2018年パープルデーイベント in 神奈川を紹介!

今年も神奈川県てんかん治療医療連携協議会さん主催によるパープルデーイベント開催の報告が神奈川より入ってきました!

3月21日に、「てんかんの研修会・公開講座」がユニコムプラザさがみはらにて行われ、あいにくの天気でしたが、80名程の方が来場され、皆様熱心にメモをとられたり、質問をされる方も多くいらっしゃったそうです。

また、今年もパープルデーライトアップが、3月23日~26日の期間で開催されました!

今年も5ヶ所でライトアップが実施され、横浜の夜景に紫のライトが映え、大変美しい光景だったそうです。

パープルデーライトアップ神奈川のリンク –> 素晴らしいライトアップ

また行政とも連携して広報活動を行われ、神奈川県の「県のたより」や、市の「広報よこはま」「広報さがみはら」等で
紹介されたことで、より多くの県民の方の関心を高めることが出来たそうです。

今後も、神奈川県内の様々な場所で活動を行い、てんかんに関する知識、理解を深めるための活動を行っていく予定とのことです。

神奈川の皆さん、一緒にがんばっていきましょうね。

鳥取2018パープルデーのリンク –> 2018年3月25日、鳥取でパープルデーイベントが行われました

■■■■■■■■■■■■

[PURPLE DAY 2018 IN KANAGAWA PREFECTURE, JAPAN]

Great to hear! This year as well, Kanagawa Epilepsy Treatment Medical Association sponsored Purple Day events held throughout the prefecture (in the Kanto region). In addition to the below report on events held, be sure to click on the link to see the Kanagawa monuments lit up in purple!

On March 21, “Epilepsy Workshop / Open Lecture” was held at the Unicom Plaza Sagamihara. Though the weather was not in best form, the roughly 80 in attendance eagerly took notes, with many asking questions.From March 23rd to Purple Day Match 26th, Purple Day Light-Up events were held!! This year’s Illuminations took place in 5 major prefecture locations. With purple lighting up some of Yokohama’s nightscape, pure beauty was close at hand.

Kanagawa Prefecture Illuminations Link –> Check it out! Cool Purple!

Also, in cooperation with the prefectural government, various PR ctivities were carried out. These included the use of Kanagawa Prefecture’s “Kanagawa News”, Yokohmama City’s “Yokohama News News/Info”, and “Sagamihara News/Info” etc.

With the sharing of information by several prefectural paper/web outlets, It appears that awareness vis-a-vis epilepsy was raised!

With a strong focus on epilepsy awareness, knowledge, understanding as one, activities throughout Kanagawa prefecture will continue to be carried out!

To everyone in Kanagawa, let’s join hand in hand, and fight this one together!

* Link for Tottori Prefecture 2018 Purple Day –> March 25, 2018 Tottori Prefecture Events!

[Eng Below]パープルデー名古屋2018で撮った動画(14)!!

パープルデー名古屋2018で撮った動画が下にあります!
14もあります!ぜひご覧ください!

てんかんと戦うパープルマン大活躍のプロレス!
クリエーターズマーケット!
専門医によるてんかん講座!
ボランティアの皆さん!

笑顔にあふれた当日の雰囲気を楽しんで頂けます!!

14 video clips taken at Purple Day Nagoya 2018! Please watch and enjoy them all!

Purple Man’s big success in the fighting in the ring!
Creators’ Market, volunteers, lectures by epilepsy specialists!
Enjoy the great atmosphere…a day full of smiles!!

■■■

1 パープルデーの Beauty 30秒撮ったビデオクリップ。パープルデー + 桜🌸 + 名古屋テレビ塔…気持ち!
30 second clip. Purple Day + Cherry Blossoms + Nagoya TV Tower…awesome feeling it was to experience. Short but sweet.

■■■

2 パープルデー名古屋!参加しよう!
Purple Day Nagoya! Let’s join!!

■■■

3 オープニング:パープルデージャパンとパープルデーアジアのディレクター、福智寿彦院長からのイベントご紹介
Opening: Day’s introduction by Purple Day Japan & Purple Day Asia Director, Clinic Director Toshihiko Fukuchi

■■■

4 パープルマン大活躍のプロレス!偏見と戦う!!

In the ring! Purple Man Fighting Epilepsy!!!

■■■

5 パープルマンは強い思いを持っています‼️
Purple Man’s mighty thoughts!

■■■

6 パープルマンと院長、仲良し。
「勇気を持って!」。
Purple Man and the Director of Purple Day Asia talking about courage!

■■■

7 パープルデー名古屋2018の紹介ブース!
Purple Day Nagoya 2018 Intro booth!

■■■

8 パープルデー名古屋2018クリエイターズマーケット!
Purple Day Nagoya 2018 Creator’s Market!

■■■

9 さらに!パープルデー名古屋2018クリエイターズマーケット!

■■■

10 寸心!パープルデー名古屋2018クリエーターズマーケット!
SunShin Cafe Gallery! パープルデー名古屋2018クリエイターズマーケット!

■■■

11 バルーン作り!パープルデーの良い思い出がいっぱいある!最後の一瞬の表情がすごく可愛い!
Making balloons! More good memories from Purple Day! Her expression during the clip’s last instant is priceless.

■■■

12 さらに、パープルマンの仲良し!パープルデーの良い思い出!
More buddies of Purple Man! Great memories of Purple Day!

■■■

13 パープルマンがクロージングの時に、スタート!パープルデーの良い思い出がいっぱいある!
More great memories from Purple Day. During the Day’s closing…Purple Man says “Start”! Cool!

■■■

14 光陰矢の如し。。。パープルデー名古屋2018。忘れずに、Purple Day Everyday!
Time flies like an arrow…Purple Day Nagoya 2018. Remember that Purple Day Everyday!

[Purple Day English + Pics] 2018年3月25日(日)パープルデーイベントin 名古屋!&3月26日のTV塔ライトアップ

[English + Pictures Below of Purple Day Nagoya 2018]

2018年3月25日(日)パープルデーイベントin 名古屋!&3月26日のTV塔ライトアップ

3月25日 (日) のパープルデーイベントin 名古屋は、協賛いただいた企業の方々、企画会社様を始め、当事者の皆様、家族の皆様、スタッフとすべての皆様の支援のおかげで、大成功に終わることができました!関係者の皆さん、本当にありがとうございました!ここまで毎日、がんばってくれたすべて方々に感謝いたします。

プロレスでてんかんへのスティグマ(偏見)と戦ってくれたパープルマン、夢と感動をありがとう!アイドルグループの皆さん、歌とダンスで盛り上げてくれて、ありがとうございました!
専門医の先生方や司会のタレント憲俊さん、レスラーの方々・アイドルの方々・当事者も交えたクイズや講座も、すばらしかったです!そして、クリエーターズマーケットでは、出品者の方々に紫色のグッズを山ほど作っていただき、会場を紫に彩ることができました。

そして3月26日のパープルデー当日は、名古屋のテレビ塔が紫にライトアップされました!とてもきれいで紫に輝くTV塔は、パープルデーのよい象徴となりました。
当日、名古屋テレビ塔の下に集まって下さった皆様のお陰でこちらもとても盛り上がりました。本当にありがとうございました!

*下記のギャラリーの写真をクリックすると写真が少し拡大します。写真をもう一度クリックすると普通のサイズまで拡大します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

** Purple Day Nagoya 2018 / March 25 & March 26 **

March 25 (Sun): The event was a big success with many people! And to top it off, the weather was perfect.

Cheers to Purple Man for fighting the stigma of epilepsy in the battle of heart-of-mind in the pro-wrestling ring under the Nagoya TV Tower.

And thanks to the various idol groups singing their wonderful songs and dancing, and the top-class epilepsy specialists for sharing information back and forth with the audience about epilepsy.

Giving extra meaning to the event, there were epilepsy combatants (persons with epilepsy), who came on stage to share information and answer questions for the audience. Adding spice, the nonprofit oriented Purple Creator’s Market with its awesome purple goods, was spectacular.

March 26 (Mon): Nagoya TV Tower turned the Nagoya sky into purple for the official Purple Day, celebreated world-wide. Wow! The city sky looked super amazing. Imagine the Eiffel Tower in Paris turning people for Purple Day… well you get the idea!

From the bottom of our hearts, thanks to everyone for making the day under Nagoya TV Tower such a grand success.

*Clicking pictures in the below gallery will enlarge each picture a little. Clicking again will expand each one to its normal size.

 

[Eng Below] 2018年3月25日、鳥取でパープルデーイベントが行われました★

3月25日に鳥取市で行われたパープルデーの様子について、当日イベントを企画されたピアサポートグループ「フレンズ」さんから今年もご報告をいただきました!

今年はイベント「てんかん当事者と一緒に語りましょう」が鳥取市の「さわやか会館」で開催され、当事者の方々の体験談などを話し、会場のみなさんと仕事、ストレス解消法 などについて一緒に考えたそうです。

前日の準備風景

ピアサポートグループフレンズさんは当事者の方々、県立精神保険福祉センターの医長をされている植田俊幸先生、当事者の家族の方々、仕事関係の方々などてんかんを理解してくださる人たちがひとつになって行われている自助グループです。

今年は10周年ということで講演会なども予定されているそうなので、興味のある方はぜひご連絡下さい!

また、今年も鳥取駅前のバード・ハットがライトアップされました!今年は去年とはちょっと違う紫だったそうです。どちらもきれいです!

鳥取の皆さん、これからも一緒にがんばっていきましょう。

■■■■■■■■■■■■

[PURPLE DAY 2018 IN TOTTORI, JAPAN]

* Check out the awesome pictures above!!

This year as well, we received a report on Tottori’s Purple Day, held March 25. The pleasing info comes from the peer support group ‘Friends’, in charge of the planning for the event.

This year’s event, “Talking Together With Those That Have Epilepsy” was held at Sawayaka Hall in Tottori. There was a bringing forth of thoughts and ideas through the experiences of those with epilepsy, context of working, and areas of stress-release as well.

Friends is a peer support group that includes those with epilepsy, Dr. Toshiyuki Ueda (Director of the Prefectural Mental Public Health Support Center), family members in attendance of those with epilepsy, those with an understanding of work related issues facing the parties, and other persons relating to the issues at hand facing epilepsy.

This year is the 10th anniversary, so lectures and other events are planned. If you are interested, please contact us!

Also, this year the bird hut in front of Tottori station was lit up! It seems that its color purple was a little different from last year’s purple. BUT both are beautiful!

To Everyone in Tottori – Let’s continue to do our best this year and now on!