Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

#purpleday2018

[Eng Below] 2018年3月25日、鳥取でパープルデーイベントが行われました★

3月25日に鳥取市で行われたパープルデーの様子について、当日イベントを企画されたピアサポートグループ「フレンズ」さんから今年もご報告をいただきました!

今年はイベント「てんかん当事者と一緒に語りましょう」が鳥取市の「さわやか会館」で開催され、当事者の方々の体験談などを話し、会場のみなさんと仕事、ストレス解消法 などについて一緒に考えたそうです。

前日の準備風景

ピアサポートグループフレンズさんは当事者の方々、県立精神保険福祉センターの医長をされている植田俊幸先生、当事者の家族の方々、仕事関係の方々などてんかんを理解してくださる人たちがひとつになって行われている自助グループです。

今年は10周年ということで講演会なども予定されているそうなので、興味のある方はぜひご連絡下さい!

また、今年も鳥取駅前のバード・ハットがライトアップされました!今年は去年とはちょっと違う紫だったそうです。どちらもきれいです!

鳥取の皆さん、これからも一緒にがんばっていきましょう。

■■■■■■■■■■■■

[PURPLE DAY 2018 IN TOTTORI, JAPAN]

* Check out the awesome pictures above!!

This year as well, we received a report on Tottori’s Purple Day, held March 25. The pleasing info comes from the peer support group ‘Friends’, in charge of the planning for the event.

This year’s event, “Talking Together With Those That Have Epilepsy” was held at Sawayaka Hall in Tottori. There was a bringing forth of thoughts and ideas through the experiences of those with epilepsy, context of working, and areas of stress-release as well.

Friends is a peer support group that includes those with epilepsy, Dr. Toshiyuki Ueda (Director of the Prefectural Mental Public Health Support Center), family members in attendance of those with epilepsy, those with an understanding of work related issues facing the parties, and other persons relating to the issues at hand facing epilepsy.

This year is the 10th anniversary, so lectures and other events are planned. If you are interested, please contact us!

Also, this year the bird hut in front of Tottori station was lit up! It seems that its color purple was a little different from last year’s purple. BUT both are beautiful!

To Everyone in Tottori – Let’s continue to do our best this year and now on!

パープルデーマガジン2018完成!

明後日3月26日はパープルデーの記念日!

明日25日は一日先駆けて名古屋でのイベント開催です(26日にはテレビ塔のライトアップも行います!)

名古屋でのイベント開催に合わせて、パープルデーNAGOYAの企画委員会では「パープルデーマガジン2018」を企画編集しました!

制作にあたっては本当に多数の企業にご協賛いただき、そのお力添えで実現できた企画です。私たちの活動の趣旨をご理解いただきご支援くださった皆様には感謝の言葉しかありません。改めまして、ありがとうございました。

さて、この「パープルデーマガジン2018」、「チャレンジ」をテーマに制作しました。特集記事の「わたしたちのチャレンジ」では、社会参加に向けてチャレンジしてきた方々のインタビュー記事を掲載!就労移行支援事業所スタッフも、てんかんをもつ人の就労支援に懸ける想いを語りました! その他にも見どころ満載の全18ページの冊子です。

冊子はパープルデー名古屋イベント会場で無料配布します。皆さんも是非是非手にとってください!

*名古屋テレビ塔*【3月25日】パープルデー名古屋のスケジュールをぜひご覧ください!

名古屋テレビ塔!

3月25日: 名古屋テレビ塔の下、色々なパープルのデーイベント

3月26日: 名古屋テレビ塔のパープルイルミネーション

ちらしをクリックしてください!

さらに…
パープルデー名古屋のSNS!
ぜひご覧ください!
Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER

パープルデー創設者Cassidy MeganからのメッセージMessage!(2018.3.23)

[English Below]

Cassidy Meganからパープルデー名古屋へのメッセージ❗️
*日本語の字幕付き

キャシディさんからパープルデー名古屋へ、パープルデー東京へ、パープルデージャパンへ、とパープルデーアジアの皆様へのメッセージ!!!
心の底から、ありがとうキャシディさん!

Video message from Cassidy Megan, the founder of Purple Day worldwide to all of us here – Purple Day Nagoya & Purple Day Tokyo, and everyone else involved in the grassroots campaign throughout Japan and Asia!
From the bottom of our hearts, a massive thanks!

[Eng Below] 南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさん、福智会を1日見学

南イリノイ医科大学4年生のステファニーさんが愛知医科大学病院との交換留学制度を使って、日本を訪れた際に、愛知医科大学の田所先生と共に、福智会を見学されました。ほとんどの時間はすずかけクリニックで過ごしましたが、さらに理解を深めるため、福智会のいくつかの施設をスタッフの案内で見学してまわりました。ステファニーさんは、ちょうどパープルデーの準備をしている活気のある時期に見学され、デイケアで、てんかんだけでなく、他の疾患を持つ当事者たちに会い、そこで当事者の方たちの体験談を聞き、充実した時間を過ごされました。

ステファニーさんは、日本のデイケアとアメリカのヘルスケアとの違いや類似点などを知り、日本の医療にとても関心を持っていました。また、すずかけクリニックで行われている包括的な支援とデイケアスタッフと当事者の関わりを見て、感銘を受けたと言ってくれました。ステファニーさんは新しいことを学ぶことが好きな勉強熱心な方で、婦人科医になることを志していますが、精神医学にも興味を持っており、この日本での体験から学んだことを今後に活かしていきたいそうです。

** 4th year medical student Stephanie’s 1-day experience at Fukuchi-kai **

Recently we benefited from the grace and intelligence of 4th year medical student Stephanie. She participated in a monthly student partnership between her university, Southern Illinois University of Medicine and the nationally renowned Aichi Medical University Hospital. She came at a good time, as we had begun concrete preparation for Purple Day Nagoya, and she likely experienced the excitement flowing in the air. She met several daycare patients not only with epilepsy but other patients as well. She could see the challenges and successes they go through.

To grasp an even better understand of daycare vis-a-vis patient engagement, Stephanie took part in a guided day tour of several sections of Fukuchi-Kai. The majority of her visit was spent at Suzukake Clinic, where the focus is on providing client centered psychiatric, medical support, and rehabilitation services – for personal, social and/or working relationships. Tadokoro-sensei, a respected doctor from Aichi Medical, joined Stephanie on the guided tour as well. Tadokoro-sensei works in close proximity to Dr. Kanemoto, the Director of Neuropsychiatry at Aichi Medical.

Through Stephanie’s genuine interest in Japan, its daycare community, and similarities/differences with American healthcare, she showed enthusiasm in learning new things, as well as reaffirming things already known. Stephanie was a true wonder to have here! While asking questions and discussing issues, she expressed a deep interest in healthcare’s frontiers, affordation, benefits, technology, societal impact, medical goals/challenges, and follow-up system.

Stephanie saw Japan to be different in the following aspects — Resources in Japan are more community oriented, and more geared towards assisting patients (meals, many group programs, daily exercise etc.). She was impressed by the high level of engagement by members (patients) and staff inside Suzukake Clinic’s daycare community. Within this context, Stephanie was impressed by the organic policy of public health in Japan. There is more of an inclusive aspect to the system in Japan compared to the US, with a focus in Japan on a “bio-social-psycho” model. In addition, Stephanie was impressed by a strong focus on the follow-up (“next-steps”) system in Japan.

Though Stephanie has just recently chosen to become a gynecologist, her interest in psychiatry remains strong. She is very interested in psychiatry’s strong bond with public health. Finally, she will use everything learned from her study, rotations, and overall experiences in the US and Japan to become a better gynecologist.

[Eng Below] パープルデー名古屋【2018.3.25】イベント内容紹介ちらし

日本語のイベント時間表とイベント内容紹介らしは下記の画像にあります。ぜひご覧ください
—————
* Purple Day Nagoya 2018, right under the Eiffel-like Nagoya TV Tower!

* This year Nagoya’s Purple Day events are – Sunday, March 25, 2018 (Sunday) 11:00 – 16:00 [no fee]
Note: March 26 is the international “Purple Day”.

* [Date and time] Sunday, March 25, 1998 (Sunday) 11: 00-16: 00
【Place】 Hisaya Ōdori Park (Under Nagoya TV Tower)
【Registration Fee】 FREE! – Please wear or put on something purple 🙂
【Weather】Continues with light/normal rain, halt in case of stormy weather

11:00 Creators’ Market Opens
11:30 Chanko food passed out attendants (free)
13:00 Stage open to attendants
13:30 -Opening- of main activities
○ Stage performances by local idols
※ Performers: *P-Loco/*Rizbeat/*Tinker-bell
○ Epilepsy quiz & easy to follow program by a specialist
○ Purple Day Pro-Wrestling
15:30 -Closing-
16:00 End of Day’s Events

【Event Intro】

① Purple Day Pro-Wrestling
– In the ring under the famous Eiffel-like Nagoya TV tower! THE one and only “Purple Man” enters as legendary masked hero!
Through a passionate battle of the will, Purple Man shows that whatever the challenge, one should never give up!
② Creator’s Market
– Focusing on awesome purple goods from local creators
③ Stage performances by local idols
– Local idols doing their cool stuff…awesome moves and vocals.
Their energy will charge up Purple Day! Right on!
Idol performers: P-Loco / Rizbeat /Tinker-bell ♪
④ Easy to follow epilepsy program by on-site specialists
– Including Quiz format for everyone in attendance.
There will be an informal, easy to understand approach towards increasing one’s knowledge vis-a-vis epilepsy.
⑤ Cooked Chanko
– It will probably be still a little chilly outside, so what better that devouring some yummy Chanko….distributed free!


てんかんと勇気の顔 Epilepsy & Faces of Courage

てんかんと勇気の顔!
Epilepsy & Faces of Courage!

2018.3.25 (Sunday)
パープルデー名古屋 / Purple Day Nagoya

3/25付 中日新聞朝刊でパープルデーとてんかんのことが取り上げられました!

明日のパープルデー当日を前に、中日新聞朝刊の暮らし・健康面でパープルデーとてんかんに関する記事を掲載していただきました!

(リンク)「てんかんに正しい理解を」 企業で働く患者ら訴え (中日新聞ウェブサイト)

名古屋では3月26日(土)当日は、「パープルデーパーティー in 名古屋」というイベントを開催します。
きらり☆キッズスクールとテアトルアカデミーのキッズダンスチーム、応援アイドルの「BSJ」さんをゲストに、歌と踊りでパープルデーを彩る楽しいお祭りイベントです!
てんかん専門医による相談コーナー(希望者多数の場合は抽選)も予定しています。

当事者やご家族の方はもちろんのこと、「てんかんって言われてもよく知らないなー」という方も気軽に遊びに来ていただければと思います。

夜間は名古屋テレビ塔のライトアップも行ないますので、イベントには参加できなかった…という方もテレビ塔にご注目ください!