Purple Day Japan | てんかん啓発キャンペーン「パープルデー」

3月26日は「パープルデー」 世界的なてんかん啓発のキャンペーンを日本でも。

企画:全国てんかんリハビリテーション研究会 パープルデー企画実行委員会

#purpledayjapan

[Eng/Ch Below] パープルデー活動の文章が「日本臨牀」第76巻第6号にて掲載されました

私が執筆致しました日本と世界のパープルデー活動に関する文章が6月1日発行の日本臨牀(日本臨牀社)第76巻第6号にて掲載されました。文章は、パープルデー活動の歩み、日本におけるパープルデー活動、医療従事者が啓発活動を行う意義の三章構成になっております。

最初に、パープルデー活動の歩みについて、パープルデー活動の由来、歴史及び現在の世界的影響力をご紹介し、パープルデー啓発キャンペーンの発展及び実績をまとめました。

続いて第二章は、日本でのパープルデー活動を中心に、これまで多くの都市で開催された関連イベントを紹介し、パープルデーが日本における影響力の増大及び社会的関心度の向上について述べました。

最後に、医療従事者がパープルデー活動に参加することによって、精神障害者の心理社会的な側面からのサポートが可能になり、患者のより完全な疾患治療へ繋がる事を強く主張しました。精神疾患は診察室内だけで完結するものではなく、患者を受け入れる社会的環境が大事です。治療者としてもこのような社会基盤を築くため、疾患や障害者への正しい理解を呼び掛ける活動に参加することに大きな意義があると私は信じております。

今後も引き続き、パープルデー活動の発展に力を入れていきたいと考えおります。皆さんも、ご自分にできることを考えてください。皆さんが踏み出した一歩が世の中を変える大きな力になります。

2018-06-01+111646

2018-06-01+111444

2018-06-01+111501

2018-06-01+111516

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

My article has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6)

My article about Purple Day awareness campaigns in the world and japan has been published in the magazine “Japanese Journal of Clinical Medicine” (Vol.76 No.6). The article consists of three chapters: the progress of Purple Day awareness campaign, Purple Day awareness campaign in Japan and meaning of clinicians’ participation in campaign.

The first chapter is concerned about the progress of Purple Day campaign. I introduced the origin, historical development and current worldwide influence of Purple Day awareness campaign. In the second chapter, I introduced the campaigns and related events in Japan specifically, and in the last chapter, I strongly made my argument that clinician should also attend such awareness campaigns since indoor psychiatric remedy is insufficient. Thorough clinicians’ participation into such social activities, more comprehensive psychiatric remedy could be realized.

I will definitely continue working hard on promotion and development of Purple Day awareness campaigns in Japan and I strongly hope that everyone could make their own contribution for creating a friendlier society for mentally-challenged people.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

我执笔的有关紫日启发活动的文章被刊登在《日本临床》杂志上了

在6月1日发行的《日本临床》杂志(第76卷第6号)上刊登了我执笔的有关紫日启发活动的文章。文章分成了三部分,第一部分是紫日启发活动的发展足迹,第二部分是紫日活动在日本的情况,第三部分是医疗人员参与紫日活动的意义。

在第一部分,我重点介绍了紫日启发活动的由来,历史和目前状况。第二部分则是有关了紫日活动在日本的举办状况,说明了紫日活动在日本受到越来愈多的关注,规模愈发变大。在第三部分,我提出医疗人员参与紫日活动具有重大意义的观点。随着精神病治疗的多样化复杂化,单纯在诊所内部的治疗已经跟不上时代的步伐。如何让患者能够回归社会,如何建设一个能够宽容接纳精神病患者的社会等问题是需要认真思考的课题。而让医疗人员参与社会活动向大众传播正确的精神病知识是解决上述问题的关键一步,因此我主张精神病治疗不应当仅停留在传统的室内诊断,还应该从参与社会活动上进一步完善治疗体系。

今后我将会继续在推动紫日启发活动上贡献自己的力量,也希望大家能够思考自己能为精神病治疗做一些什么,来和我一起为精神病医疗事业出力献策

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様からのメッセージ

岡てんかん神経医療センター臨床検査科渡邉宏美様から、パープルデーのイベントに関する記述が静岡てんかん神経医療センターの情報誌「あかり」(平成30年第54号)に掲載されました。
3月26日はパープルデーです。静岡てんかん医療センターも今年の24日、25日の週末、静岡市役所前の青葉通りで記念イベント行いました。
2日間、天気に恵まれて多くの方々に足を運んでいただきました。イベントの一環としての「てんかんクイズ」を通じて、皆さんにてんかんへの理解を深めて頂くことが出来ました。また、静岡てんかん神経医療センターの患者さん達にもイベントのお手伝いをして頂き、良い交流になりました。
このようなイベントを契機に、皆さんにはよりてんかんに関心を持っていただき、一人でも多くの方がてんかんの早期発見及び治療に協力して頂ければ良いと思っています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

The message about Purple Day has been placed in the magazine of Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder “Akari” from Ms. Hiromi Watanabe in Department of Clinical Laboratory.
26th of May is Purple Day. Shizuoka Institute of Epilepsy and Neurological Disorder also run some events concerned with epilepsy the Aoba Road in front of Shizuoka City Hall on 24th and 25th May.
During two days, the weather was perfect for outdoor activities and many visitors came for our Purple Day events. Visitors deepened their understanding about Epilepsy through attending “Epilepsy Quiz”, and we also heard the voice from patients in the institute who helped run the events.
We truly hope that more people would be concerned about epilepsy through the Purple Day events and make their contributions to early detection and remedy of epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

来自静冈癫痫神经医疗中心临床检查科的渡边宏美女士的一篇记事被刊登在了静冈癫痫神经医疗中心的杂志“Akari”上。
3月26日是紫日。因此在24日和25日的周末,静冈癫痫神经医疗中心在静冈市政府办公厅前的青叶通道举办了紫日活动。
这两天天气晴朗适合室外活动,我们的展台也来许多的来访者,引起了许多路人的关注。我们举办了癫痫提问环节,让大家对癫痫这类疾病有了跟多更深的认识。两天里,医疗中心的病人也积极给与了帮助,与医生有了更多的交流。
通过举办紫日活动,我们真诚希望更多的人能够关注癫痫,为癫痫的早期发现与及时就诊给与更多的帮助。

2018-05-16+1506572018-05-16+150836 (1)

[Eng/Ch Below] 当事者さんのお母様からのメッセージ!

2018年、パープルデーが日本に広げてもう四年目になります。記念イベントも規模が段々大きくなり、毎年多くの方々が参加しています。

当事者さんの御家族である横関弘子さんからのメッセージが、波の会(日本てんかん協会)の機関雑誌「なみ」(2018年5月号)に掲載されています。

横関さんは今年の名古屋のパープルデーイベントのお手伝いとして参加してくださり、スタッフと一緒にイベントを盛り上げて頂きました。

御本人からのメッセージとして、名古屋のみならず、より多くの地域でパープルデーイベントに参加していきたいとのことです。パープルデーを啓発活動の一環として、てんかんの正しい知識を一般の方々に伝え、世間のてんかん患者に対するスティグマをなくしたいと考えていらっしゃいます。また、現在パープルデーは専門医及び専門家スタッフ中心で運営を進めていますが、当事者や家族がこれから中心スタッフとして成長していくことも大事とおっしゃっています。

今後も、パープルデーイベントがより多くの当事者及びご家族の皆さんに参加して頂き、てんかんの社会的注目を集め、人々の関心を一層高めていけるよう努めて参ります。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018 is the forth year since Purple Day has been officially celebrated in Japan. The concerned events have become increasingly influential and currently attract a large number of people to participate.

Ms. Yokoseki Hiroko, a mother of our patient, has sent her message about her experience of participating in Purple Day. And the message has been placed in the official magazine of Nami no Kai (Japan Epilepsy Association).

Ms. Yokoseki has attended the events of Purple Day in Nagoya this year as a helper. As her message states, she enjoyed the events and hopes that she could attend more Purple Day events in more cities. She attempts to propagate more knowledge about epilepsy to the public and dispel people’s prejudice against epilepsy patients thorough Purple Day.

We would like to work with patients and their families to raise further consciousness from society. And we hope that patients and their families will continue positively participating into events and become centre stuffs in Steering Committee of Purple Day in the future.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2018年是紫日在日本展开官方纪念活动的第四年。随着互动规模的增大,参加活动的人数野越来越多。并且,其中一位参加成员的母亲,横关广子女士的感想文被刊登在日本癫痫协会的机关杂志上了。

横关女士是我院一名患者的母亲,她不仅积极参与了今年在名古屋举办的紫日活动,还在活动举办之前帮助运营委员会推进准备工作。

横关女士说她对能够参与名古屋紫日活动感到非常开心,并希望今后能在日本其他城市继续参与紫日的相关活动。她说期盼紫日活动作为癫痫启发活动的一部分,能够将正确的有关癫痫的知识传授给大众并消除大家对癫痫病患者的偏见。并且期待更多的患者及其家属能够在紫日活动中扮演更加核心重要的角色,将目前医生与相关工作人员主导开展的运营模式转变为由患者及其家属为主要运营成员的模式。

我们衷心希望今后能有更多的患者与其家属能够参与紫日活动,与大家一起推动紫日的发展,进一步提高社会对癫痫的关注并消除人们对癫痫的错误认识与偏见成见。

[Eng/Ch Below] 静岡てんかん・神経医療センターから感謝状を頂きました

静岡てんかん・医療センターから、パープルデーキャラクターのパープルマンと医療法人福智会くうねる宛に感謝状をいただきました!

3月26日(月)に静岡てんかん・神経医療センターで行われたパープルデーイベントに名古屋からパープルマンが駆け付け、子どもたち・ご家族のみなさん・スタッフの皆さんに大変喜んでもらいました。

寄せ書きには、静岡てんかんセンターの皆さんからの温かいメッセージがたくさん書かれており感激です。ありがとうございました。

今後も引き続き、福智会はパープルマンと活動を続けていきます!これからもパープルマンはてんかんをもつ方たちに愛と勇気を届けていきます!

IMG_2425

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan

On April 20th, Purple Man, the main Purple Day character and Fukuchi-kai’s Employment Placement Support Office, Ku-nel, received letters of thanks from the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan.

On March 26th, Purple Day events were held at the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan. The events included the performance of Purple Man, with the Center turning purple for the celebration. The kids at the Center were elated by the appearance of Purple Man!

Fukuchi-kai, including Ku-nel, felt extremely honoured to receive the letters of thanks. We would like to continue collaborating with the National Epilepsy Center in Shizuoka, Japan to propagate Purple Day and raise public concern about epilepsy.

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

收到了来自国立病院机构静冈癫痫神经医疗中心的感谢状

4月20日,癫痫日(紫日)的主要角色紫人和福智会就职支援事务所Ku-nel分别收到了来自静冈癫痫神经医疗中心的感谢状。

3月26日,在静冈癫痫神经医疗中心开办了癫痫日纪念活动。活动包括了癫痫日主要角色紫人的表演,并且在紫人登场时医疗中心变成了紫色的世界。医疗中心的孩子们也对紫人的出现惊喜万分,活动现场充盈着欢乐愉悦的气息。

对本次的感谢状,包括Ku-nel在内的福智会全体工作人员感到十分荣幸。我们希望继续和静冈癫痫神经医疗中心保持合作,扩大癫痫日的宣传力度,进一步加强公众对癫痫的关注关心。

[Eng/Ch Below] てんかんと精神症状セミナー

4月14日(土)、AP東京八重洲通りで開催された「てんかんと精神症状セミナー」に参加しました。

セミナーは一般演題と特別演題に分かれており、一般演題では電気けいれん療法や抗てんかん薬に関する講演を拝聴し、特別演題では防衛医学大学精神科教授の吉野相英先生に「高齢者とてんかん」をテーマにご講演して頂きました。

吉野先生とは以前国立精神神経医療センターで一緒にお仕事させて頂きました。今回高齢者てんかんの説明を兼ねて最新の知見も示してご講演して頂きました。大変勉強になりました。

今後も積極的に精神症状セミナーや講演会に参加し、精神症状治療の動向や知識を把握していきたいと考えています。

■■■■■■■■■■■■

☆Epilepsy and Psychiatric Symptoms Seminar☆

On 14th April, I participated in the “Epilepsy and Psychiatric Symptoms Seminar”, held at AP Tokyo, Yaesu-dori.

The seminar was separated in two; a General & Special section. In the General section, presentations about electroconvulsive therapy and anti-epileptic drugs were given by experts from different medical institutions. In the Special section, Prof. Yoshino Aihide from the Department of Psychiatry, National Defense Medical College held a presentation titled “The Elderly and Epilepsy”.

I used to work together with Prof. Yoshino at the National Center of Neurology and Psychiatry. In the seminar, he introduced the situation regarding epilepsy and the elderly through knowledge, trends and opinions. It was a great harvest and I learnt a lot from the seminar.

Hence forth, I would like to keep on participating in seminars and lectures concerned with epilepsy and to timely follow the newest information and knowledge facing psychiatric symptoms.

■■■■■■■■■■■■

☆有关癫痫以及精神病症状的研讨会☆

4月14日,我参加了在AP东京八重洲通大厦举办的“有关癫痫以及精神病症状的研讨会”.

研讨会分成了一般讲演和特别讲演两部分。一般讲演就电痉挛疗法和抗癫痫药物进行了发表,特别讲演部分则有防御医学大学精神科教授古野相英先生以老年人和癫痫为主题进行了讲演。

我曾经在国立精神神经医疗中心和古野教授一起工作过。这次的研讨会古野教授不仅介绍了老年人癫痫的情况还提出了最新的相关见解,对我老说受益匪浅,是一场极其有学习意义的研讨会。

今后我也会持续积极参与有关癫痫以及其他精神疾病的研讨会和讲演会,及时把握有关精神病治疗的最新动向以及知识。

2018-04-14+231238

(防衛医科大学精神科 吉野相英教授 右から三番目)

 

2018-04-14+231244 (1)

(「てんかんと精神症状セミナー」チラシ)

[Eng Below] 2018年パープルデー in 長崎のご紹介!

長崎より、先月行われたパープルデーの記事が届きました!
長崎てんかんグループの主催により、3月25日(日)長崎県庁エントランスホールで長崎では初めて、パープルデーが開催されました。
初めての開催でしたが、患者さん、患者さんご家族をはじめとして、県内外から200人を超える参加があり、盛り上がったそうです。

市民公開講座では、「もっと知ろう!てんかんのこと」をテーマに、医者やソーシャルワーカー、心理士に加え患者さんからの講話もあり、楽しくてんかんについて学ぶ会になったとのこと。
 
さらに、パープルデーながさきのスペシャルサポーターとして、
J1(ゼイワン)V・ファーレン長崎の高木琢也監督にお越し頂き
心温まる応援メッセージを頂いたそうです。
V・ファーレン長崎HP
 また、3月26日には長崎市の稲佐山の電波塔が紫にライトアップされました!
てんかんを抱える患者さんと患者さんを支える方々と共に、長崎てんかんグループの方々は、これからもパープルデーをはじめとして様々な活動を続けていきます。
長崎てんかんグループの皆さん、一緒にがんばっていきましょう。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

From Nagasaki, here’s some news about Purple Day, held last month!

On March 25th (Sunday), for the first time in Nagasaki (entrance hall of Nagasaki Prefectural Government), Purple Day was held! The event was organized by the Nagasaki Epilepsy Group.

Although it was the first time, there was a clear feeling of excitement in the air. The more than 200 in attendance came from both inside and outside the prefecture, and included patients as well as their families, and others.

In the forum of open lectures for the civic audience, there was one themed “Let’s Learn More About Epilepsy!”, with participants that included doctors, social workers, psychologists and others. It was fun and beneficial to get a better handle on epilepsy’s true importance.

In addition, top Japan league J1 football (soccer) club, V-Varen Nagasaki’s Manager Takagi Takuya communicated with Purple Day Nagasaki, conveying special support. It is a heartwarming and cheerful message to be seen on the team’s website (https://www.v-varen.com/news/63134.html). Though it is in Japanese, pictures are to be seen!!

To make this year’s Purple Day Nagasaki even more whole, on March 26 Mount Inasa’s Radio Tower in Nagasaki was lit up in beautiful and powerful Purple!
Together with the patients who have epilepsy and those who support those that do, the Nagasaki Epilepsy Group will continue with various activities, including future Purple Days!

To everyone of the Nagasaki Epilepsy Group, let’s continue to work together with passion!

[Eng Below] 2018年パープルデー in 仙台!(パープルデー仙台よりいただきました)

以下パープルデー仙台より

商店街中心部での仙台パープルデー・イベントが成功裡に終了しました

パープルデー仙台2018の第1弾、「知って安心、てんかんと就労」が、3月24日(土)午後に開催されました。会場となった「ぶらんどーむ一番町」アーケード特設会と「au SENDAI 2Fイベントスペース」は、仙台市内でもっとも通行人が多く、事前の案内で集まった方以外にも、通りがかりの多くの市民にサプライズ的にパープルデーを理解してもらうことができました。

アーケード特設会場では、豪華なフラッシュモブに続き、東北大学病院てんかんセンター長中里信和先生の発作ビデオを用いたトーク(10分バージョン)、スペシャルゲストの「奥州・仙台おもてなし集団『伊達武将隊』の力強い演武、盛況だったクイズ大会が行われました。

隣の「au SENDAI 2Fイベントスペース」では、中里センター長の市民講演(30分バージョン)や、就労支援員齋藤涼平氏による就労支援事業のお話しがありました。パネルディスカッションでは中里センター長、斎藤氏、てんかん協会宮城県支部会員の吉田泰氏、伊達政宗公が、「てんかんのある方がどうすれば活き活きと働くことできるか、雇用主はどうすれば安心して雇用できるか」をテーマにして、熱い討論が繰り広げられました。一人一人のてんかんの発作症状も悩みも異なるため、まずは本人や家族が自分の症状をよく理解し、職場の同僚や上司に伝えることが大切です。地域の就労支援事業所は、当事者の病気のハンディキャップへの工夫のみならず、雇用主に個人の長所や能力などのプラス面を知ってもらうよう働きかけるサポートもするため、安定した雇用につながります。本人や家族に加えて、医療者、ソーシャルワーカー、就労支援者、雇用者の広い連携が必要という結論に達しました。

 

このイベントにご協力、ご支援いただきました日本てんかん協会宮城県支部様やエフエム仙台様をはじめ、沢山の方々に実行委員会スタッフ一同厚く御礼申し上げます。

 

プログラム概要:

<ぶらんどーむ一番町」アーケード特設会場> フラッシュモブ (宮城教育大学と東北福祉大学のダンスサークル) 演武(奥州・仙台おもてなし集団「伊達武将隊」) 「知って安心、てんかんと就労」(東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏) 「知って安心、てんかんクイズ」(てんかん啓発サークルPIE~Purple is for Epilepsy~)

<au sendai 2Fイベントスペース> 「知って安心、てんかんと就労」(東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏) 「てんかんと就労~就労支援の実例から~」(仙台市障害者就労支援センター 齋藤涼平氏) パネルディスカッション「てんかんと就労」 ・日本てんかん協会宮城県支部会員 吉田泰氏 ・仙台市障害者就労支援センター 齋藤涼平氏 ・東北大学病院てんかんセンター長 中里信和氏 ・伊達武将隊 伊達政宗公

総司会:石垣のりこ氏(エフエム仙台) 特設ブース:日本てんかん協会宮城県支部、就労支援事業所情報

 

パープルデー仙台の皆さん、お疲れ様でした!すごい盛り上がりが伝わってきますね。

またこれからも一緒にがんばりましょう!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

From Purple Day Sendai!

Purple Day Sendai’s Purple Day event in the center of the city’s shopping district was completed as planned, a success!

The first round of Purple Day Sendai 2018, “Knowing, feeling at Ease, Epilepsy and Work” was held in the afternoon of March 24 (Saturday). The area that it took place holds Sendai’s most number of passers-bys. So a combination of those passing by with others planning to attend in advance, allowed for a much higher understanding of Purple Day and Epilepsy within Sendai city.

In the special area where everything was held, events included a 10 minute talk including a video of a seizure by the well-known Dr. Nobukazu Nakasato of Tohoku University Hospital Epilepsy Center.

At the nearby AU SENDAI there was a public lecture by the Director of the Epilepsy Center (30-minute version), Dr. Nobukazu Nakasato. The panel discussion included several movers and shakers in the local and national epilepsy field. The theme of the discussion “”Knowing, feeling at Ease, Epilepsy and Work” allowed for passionate and a learned debate.

Since each seizure’s symptoms and issues are different, it is important for those with epilepsy, their families, as well as others (particularly colleagues and managers at work) to know about symptoms well. Employment support offices aid in devising helpful measures for all parties involved, leading to stable employment. The conclusion was that broad cooperation between medical personnel, social workers, employment supporters, and employers is necessary in addition to the principals and their families.

We would like to express our sincere gratitude to everyone involved! Looking forward to next year!

2018年パープルデー in 和歌山を紹介!

今年も和歌山で行われたパープルデー活動の報告が和歌山県立大学精神科の辻先生よりありました!

2018.3.25 医療講演会にてパープルデー活動の掲示&募金活動

rbt

 

2018.3.21~3.28 和歌山ビッグホエールのパープルデーのライトアップ

 

 

2018.4.29 木管楽器演奏会でパープルデーの飾り付け&啓発活動を予定!興味がある方は までご連絡下さい。

 

和歌山のみなさん、おつかれさまでした!

毎年、きれいなライトアップ、すばらしいですね★

*名古屋テレビ塔*【3月25日】パープルデー名古屋のスケジュールをぜひご覧ください!

名古屋テレビ塔!

3月25日: 名古屋テレビ塔の下、色々なパープルのデーイベント

3月26日: 名古屋テレビ塔のパープルイルミネーション

ちらしをクリックしてください!

さらに…
パープルデー名古屋のSNS!
ぜひご覧ください!
Instagram –> Purple Day Nagoya INSTAGRAM
Facebook –> Purple Day Nagoya FACEBOOK
Twitter –> Purple Day Nagoya TWITTER

パープルデー創設者Cassidy MeganからのメッセージMessage!(2018.3.23)

[English Below]

Cassidy Meganからパープルデー名古屋へのメッセージ❗️
*日本語の字幕付き

キャシディさんからパープルデー名古屋へ、パープルデー東京へ、パープルデージャパンへ、とパープルデーアジアの皆様へのメッセージ!!!
心の底から、ありがとうキャシディさん!

Video message from Cassidy Megan, the founder of Purple Day worldwide to all of us here – Purple Day Nagoya & Purple Day Tokyo, and everyone else involved in the grassroots campaign throughout Japan and Asia!
From the bottom of our hearts, a massive thanks!